無知の印  社会・政治



社会・政治blogランキング

「無知の印は、不正や悲劇を心の底から信じ込んでいる事だ。毛虫が世の終わりと考えるものを、救世主は蝶と名づける」。これは米国の飛行家で作家のリチャード・バック(Richard Bach、1936年6月23日 - )の名言。飛行家と言う事もあり、それを活かしたルポルタージュ風の作風で知られたが、この人のヒット作はあまり浮かばない。だから1970年に発表された「かもめのジョナサン」位しか知らない。これものんびりと話題になった。所謂「一発屋」だが、此処で古い話で恐縮だが、果ては松竹映画「男はつらいよ」と嘗てライバル作品だった東映映画「トラック野郎」で愛川欽也さんが演じた役の通称がヤモメのジョナサンだった。そんな事を思い出した。脱線したが、この名言は「知らない事をイメージだけで捉えるものではない」てな事だ。思い込みは碌な結果にはならない。そう言う事だ。

クリックすると元のサイズで表示します

さて明日から連休を取っているので、この前の続きの作業でもしようかとは思うが、調査も兼ねてなので、いきなり何かを外すとかではなくて、それを合理的にする方法を考えよう。と言うのも相手は古いカセットデッキ。扱いが悪いと逆に故障してしまう。その為に部品用にジャンク品を買った。「どうせバラすのならば」てな感覚だ。そこで何となく判明したのが(メタライズドポリエステル)フィルムコンデンサーが(経年劣化で)飛んだようだ。他にも劣化したパーツでも調査してみよう。ピンチローラーを交換した方のカセットデッキはようやく安定してきた。音の腰が据わるようになった。回転ムラがあると何となく、浮いた感じになるが、音の切れ込みが徐々に明確になってきた。

クリックすると元のサイズで表示します

話の枕が趣味で始まる場合は大概、大した話題はない。北海道は昨年から約一年振りに「緊急事態宣言」だが、確実に違うのがワクチンがある事だ。それだけでも進歩があるが、些か内閣支持率がイマイチ。だがそのワクチンの優先順位が(国際的には)後回しの印象があるのは感染率や治った人の割合、または死亡者数が、欧米(欧州)との比較で被害が少ないからだ。実際にグラフに表すと明確だが、欧米等は日本と比べ、雲の上処か、成層圏に届こうかと言うもの。それから見たら、まだ地上に居る状態の日本の方が(比べるまでもなく)のんびりとした状況だ。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで内閣官房参与の高橋洋一氏がTwitterで「さざ波程度」と表現したが、これ程に即物的な表現もあるまい。しかし媒体では、その言葉のみを切り抜き、政局に利用したが、思ったよりは盛り上がらず、その時程度で終わったようだ。(とは言え、まだ適切な言葉もあっただろう。)大体、地上波でしか情報を得る機会のない層はネットの情報には感心がなく、立憲民主党等の特定野党が(国会等で)騒ぐのにウンザリしている。だから現内閣の支持率が下がると、野党の支持率も下がると言う、笑えない状況になっている。結局はそう言う事なのだ。政府の印象を悪くしようと頑張っている特定野党の方が元々印象が悪いのだから、国民に取ってみれば「またあんな事、やってら!」だ。審議拒否も定番化しており、最近は途中退場をする機会も増えた。これでは国民から「このコロナ禍に何をやってるんだ!」と怒鳴られても仕方がない。なんの協力すらせずに邪魔ばかりをするのだから当たり前だ。然もそんな事をしながら「政権交代」等と言う。とても現実的ではない。これでは国民にも嫌われる。時事に触れると結局、特定野党の批判になる。もしかしたら政府の支持率は、そんな野党に対する八つ当たりか?とてもくだらない。

自民、「現状維持」に批判続出 学術会議PTが会合
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021051400848&g=pol
日本製鉄の韓国内資産の現金化が「秒読み」段階に=韓国ネットには懸念の声「本当に?」「韓国政府が賠償を」
https://www.recordchina.co.jp/b876509-s25-c30-d0191.html
「さざ波」ツイートの高橋洋一内閣官房参与、ユーチューブで「取材なんか応じるわけないでしょ」
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0ede214334a948e6c7a490745075d40ea514afe

クリックすると元のサイズで表示します

此処で韓国の話題だが、日本とは政府間の交流は既に希薄。つまり国交も殆ど断絶したようなものだ。そこで芸能界と食品メーカーだけが、最後の悪足掻きをしている。韓流も今更なのだ。今やテレビで何となく見ているのはNiziUと農心食品の辛ラーメンのコマーシャル位だ。早い話が飽々しているのだ。(それだけしつこいので尚更だ。)なので韓国の話題に触れると結局は批判になる。だから「取り上げてはみたものの」てな事になってしまう。ちなみに今回、URLを掲載した記事は、例の朝鮮人徴用工問題に於ける日本企業への韓国最高裁による賠償判決からその後だ。やはり進展はない。なかなか差し押さえにしても、現金化にしても言葉の勢いだけで進まない。それだけ実行する話を何度も韓国関連のニュースで繰り返し報じられているのだ。そんな状態なので、この件に対する韓国のネットユーザーも反応が冷たい。レコードチャイナによると「本当にするのか?」「こんなことをするのなら、請求権協定時にもらったお金とそれを基盤に作ったものを全て戻そう」とか「反日を続けていたら韓国の小規模事業者や企業たちが死んでしまう。今の政権は無能だ」。「これでは海外の企業が安心して韓国に来られない」。「国家間の外交的約束で終わった問題を韓国の裁判所が覆したら、今後の日韓間の外交が意味のないものになってしまう。そしてその先に待つのは戦争。日本なしに米韓同盟は維持できない」と不安だらけだ。しかしながら朝鮮の事情も踏まえ、韓国の事を深く理解している日本を、よくもこんなに足蹴にしたものだ。甘え過ぎて世界のルールさえ蔑ろにした末が、現在の韓国の現状なのだから、もう諦めるしかあるまい。条約や協定はデタラメではないのだ。然も国交の要である講和条約に対して理解が薄いのは国際社会に於いては致命傷だ。だから他の国にも迷惑を掛けている。国家事業だったラオスのダムが欠陥建設で崩壊した大事故の賠償はしたのか?ベトナム戦争時も色々やらかした。

0
タグ: 支持率 国交 大事故



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ