白雁  独り言



人気ブログランキングへ 

老子曰く「白雁は白くなる為に、水浴びする必要はありません。あなたも自分自身でいる事以外に、何もする必要はありません」と説く。「まあ気楽に」てな事か?さて今日は休みだが、このコロナ禍だ。自然と外出を(必用以外は)控える。しかし小生の趣味が幾らインドア派とは言え、必要な外出はある。やはりパーツ関連は(小さい物なので)パーツ屋に出向いて買う方が早い。抵抗やコンデンサーなので尚更なのだ。こんな時に鬱陶しいのが武漢肺炎ウィルスだ。このウィルスに関しては正直、色々と解らない事が多い。なので現在、ようやく接種が始まったワクチンとセットで、その繋がりの妙を考えてみた方が見えるものがあるやも知れん。そんな事を考えてみたりする。これも陰謀論だが、まだ何が正しいかは解らない。そこは小生なりに整理して結論みたいなものを探してみよう。物事には必ずヒントはあるものだ。昨夜からパソコンに不具合があり、当初はblogの更新をスマートフォンで済まそうと思ったのだが、その関連でする事も増えた為に午後になってからの打ち込み開始だ。だが大したネタはない。そこで気になるのは東京五輪の行方だが、こちらも何等かの陰謀も絡み、とても物事を解りづらくしている。

面倒なのが各媒体の報道だ。声高々に「開催反対」と訴えながら、スポーツニュースでは「選手の気持ちも考えて」と「じゃあどうしたいの?」と言いたくなる。反対派の言い分は解る。しかし日頃、中国擁護ばかりしている媒体が「中止」では、その先に何があるのか気になってならないのだ。ちなみに来年は「北京冬季五輪」だ。東京を中止にさせる事で、北京冬季五輪をやめるキッカケにするのか、またその逆だ。御存知の通り、ウイグル自治区によるジェノサイドや人権侵害は、既に知られている事だ。これこそアウシュヴィッツの再来だ。それを21世紀に中共政府がやらかしている。各国からボイコットの声も挙がるが、現在、マスク無しに生活が出来なくなったのも中共(中国共産党)政府のせいだ。その野望の先は、もちろん覇権行為を制覇する為だ。この状況を「中共が仕掛けた戦争だ」と解釈もされるが、最中にしている事は領有権問題のある国への侵略行為なのだから笑えない。つまりバラ撒いたウイルスにより、狙った国を弱らせてから侵略をするのだ。然も現在進行形だ。なので「そんな国の五輪なんぞ、誰が参加するか!」だ。だからそれに参加をする国は良心が問われるだろう。

IOC「開催されれば世論は五輪を支持と確信」日本の世論軽視との指摘も
https://news.yahoo.co.jp/articles/efff22218ae597a651ab27709a172372003c516c

クリックすると元のサイズで表示します

0
タグ: 東京五輪



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ