出来なければ無駄  コラム



人気ブログランキングへ 

「財産を作っても、それを愉しむ事が出来なければ無駄である」。これはフランスのモラリストであるヴォーヴナルグ(Luc de Clapiers, marquis de Vauvenargues,1715年8月6日 - 1747年5月28日)の名言。確かにその財産だが、作る前には使う目的があった筈だ。だから活用をせずに在る事だけを満足するだけならば何にもなるまい。そこに「趣味が在る人と無い人との差が出てくるのかな?」なんて事を思ったりする。結局、目的が在るか無いかだが、人生を有意義に過ごしたいのならば、お金も有意義に使うべきである。(と財産が無い者が言う。)さて続くコロナ禍だが、そのウイルスの特定は既にされているようで、国際保健機関(WHO)がそれを「COVID‑19」と命名しようが、やはり最初に言われた『武漢肺炎ウイルス』の方が通りが良い。(中共(中国共産党)が関わった組織(機関)は劣化する。)ある面、お金の使い方が上手いのだろうが、国際機関で(中共の)工作の為に使われるお金は無駄だ。

世界を衰退させ、中共が潤う為に使われるのには御免だ。そのウイルスだが、朝鮮日報によると「米CNNが25日(現地時間)に明らかにしたところによると、WHO専門家チームが発表した報告書には200ページに及ぶ付録が添付されていたという。この付録には、中国保健当局が2019年12月、人体から採取した新型コロナウイルス類のサンプル数千点を保存していたものの、後に破壊された過程が書かれていたが、それにもかかわらず、WHOは「このサンプルを検査できなかった」と書いた」との事。中共の情報隠蔽だ。更に「WHO調査チームは今年2月の武漢での会見で、「新型コロナ発症が初めて報告される前の2019年12月、武漢で既に13種の変異ウイルスが広範囲に拡散していたことを確認した」「中国が調査を阻んだ数十万点の血液サンプルに接近しようと努力しているところだ」と明らかにした。CNNは「(付録には)中国の情報隠ぺい疑惑と共に、『再調査が必要だ』との見解が書かれていたが、きちんと検討されていなかったと報じた」とも記事にはある。本当に「この落とし前はどうつける?」だ。

WHO報告書「中国、ウイルスのサンプル数千点破壊」
https://news.yahoo.co.jp/articles/83a3e4a3540c33ffc084304468d40f5209f3c892
トランプ前大統領「新型コロナは武漢研究所から出た」…ポンペオ前長官「中国はすべてわかっている」
https://news.yahoo.co.jp/articles/8096e5bb2ad342e881f9ba146f23fa152937a209

クリックすると元のサイズで表示します

たぶんこんな事だと思ったが、武漢肺炎ウイルスについては、その真相に触れる事を明かした学者や医師は、国内外問わずに極刑の可能性を示唆している事から、その調査団の安全が保証出来たのだろう。それでなければ、こんな話は表に出ないだろう。よく「テドロス事務局長が中共に売らなかったな?」と思う程だ。(何処が保護したのだろう?)米国前大統領のドナルド・トランプ氏も24日に行われたFox Newsのインタビューでもウイルスが武漢の研究所から発生した事を明言しているし、中央日報の記事では、同日のFox Newsのインタビューでポンペオ前国務長官も「彼らがウイルスを隠蔽したことを確実にわかる。われわれがこれまで見た証拠が実験室流出説と一致するという点がわかるだろうと確信する。中国は何が起きたのか知っている。だれが最初の感染者で、(ウイルスが)どこから始まったのか正確に知っている」と確信している。中共へのXデーはいつの事か?

0
タグ: 中国共産党



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ