一日一日を大切に  独り言



人気ブログランキングへ 

作家で住職の瀬戸内寂聴さんは言う。「一日一日を大切に過ごしてください。そして、「今日はいい事がある。いい事がやってくる」「今日はやりたい事が最後まで出来るんだ」この事を思って生活してみてください」と。このブラス思考は良いと思う。斯く言う小生も「平穏無事に一日が過ごせれば」と思いながら、その一日を過ごしている。話は変わるが、今月はパーツになる物ばかりを揃える予定。(だが「たまにはレコードでも」と聴きたい物を吟味している。)またどうでもいい話の枕だが、巷は不甲斐ない話題ばかりなので、つい現実逃避をしたくなるのだ。今更ながらしているのはカセットテープの整理だ。何せその全盛時にはパソコンなんて物は無いのだ。そこで見栄えの悪いものだけ、インデックスやラベルを作って貼り直しをしているのだが、デジタルリマスターも出来るので、劣化が酷いものは、その救済もしている。良い時代になったものだ。それだけライブラリーが多いのだが、昨年から現役復活をしたカセットデッキがあるので録音機能も活かすべく使っている。当時よりは使用条件も格段に向上していると思う。何せカセットテープ特有のヒスノイズが気にならないのだ。これこそノウハウだが、そんな時にその昔に在った高性能テープがないのは残念だ。そこで「中古でも」と買うのだが、これで「カセットテープブーム」とは言い過ぎだ。やはり媒体はイメージ優先だ。それはアナログレコードについても言える。だからそんなもんを関係なく聴いていた者には今更なのだ。落語を録音したテープも結構在る。こちらも整理しよう。

クリックすると元のサイズで表示します

さて各地の「緊急事態宣言」解除の目処もついたようだが、これはやはりワクチン接種の相乗効果と言うべきか?しかしそのワクチンに対する陰謀論を唱える声はある。だが副作用の実状を訴えるTwitterやInstagramもあり、それを見ると接種に関しては「慌てる事もないな?」とも思ったりする。だがそんな心づもりでいると、その陰謀論を否定する陰謀論もあるようだ。実際、テレビの情報バラエティー番組なんぞを見るとコメンテーターが「諸々の陰謀論はありますが、」と否定をしているのだ。それでなくとも接種に関しては、揃って右へ習えなのだから気味は悪い。何でもないのならばそんな火消しも必要はないだろうし、接種を国民に促すにも「一億玉砕」みたいな雰囲気があるので「なんでそこまで?」と思ってしまうのだが如何なものだろう?このコロナ禍で思い出した言葉がある。「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」だ。これは大東亜戦争の終戦を伝える昭和天皇の玉音放送だが、現在のそれ(諸々の制限等)は正にそんな感じがする。

クリックすると元のサイズで表示します

ワクチンめぐり広がる「陰謀論」専門家が「これからが正念場」と警鐘を鳴らす理由
https://news.yahoo.co.jp/articles/c26fb5afb0ca9adfe35c0e11a9173964641ddfd5

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ