実を結ぶ時  コラム



社会・政治blogランキング

「辛い思いは全てプラスになる。苦しかった事、悲しかった事が、いつか必ず花開く時が来る。辛い事、悲しい事は幸せになるための必要事項。花開き、実を結ぶ時に辞めてしまってはいけない」。これは美輪明宏さんの名言だが、それこそ「苦悩から歓喜へ」だろう。さて「緊急事態宣言」解除後の北海道は「まん延防止」期間なので大した状況は変わらないが、感染者数は確実に減っている。その「まん延防止」も初めは「そんな表現はないだろう」と立憲民主党等の特定野党はケチをつけたものだ。コイツらそんな事にしかケチをつけられないのだ。なので支持率も下がる一方だが、立憲民主党は選挙の際、議席数を稼ぐ為に日本共産党が呼び掛けた「野合」を代表の枝野幸男氏自ら却下した。その理由も解らない訳でもない。以前にそれをした時には結局、日本共産党に浮動票が流れた。国会答弁の際は立憲民主党がヒール役をしているからだ。しかし選挙がなくとも大人しい訳でもなく、悪態をついて自ら支持率低下の原因を作っているので今更だろう。これでは「政権交代」も夢の夢だ。前回のそれは韓国側の工作資金が豊富だったのでテレビや新聞等の媒体を牛耳り、かなり思うがままに操れたが、今では「亡国の危機」にある韓国が、そこまでは出来まい。ちなみに当時の政権交代の際は、韓国民団の大会に於いて民主党議員が御礼の挨拶をしている。この前も、そこの徳永エリ氏が総連を訪ね、参政権やら社会保障について話をしたようだが、それを日本政府に要求するのは変な話だ。何かと差別的だと批判をするがこれは区別だ。どうもその辺の区別が出来ないのが特定野党だが、「無理を通せば道理が引っ込む」理論なのだろう。そんな感じがする。

クリックすると元のサイズで表示します

尚、中国共産党は結党100年となったが、そこで祝電を送ったのが小沢一郎氏であり、河野太郎の父である河野洋平氏だった。しかしながら親中政治家は与党たる自民党にも政党が、それだけでも結党出来る人数が居る程だ。こちらは無駄に議席が多い政党なので「親中派」と「保守派」で再編してほしい。その方が有権者にも解りやすい。これでは政党がふたつあるようなものだ。それに親中政党の公明党が連立をしているのだから最悪だ。自民党幹事長の二階俊博氏は、米国民主党が現在与党の米国政府からもマークをされているのだから終わっている。そのバイデン政権は対中政策に於いては、前任のトランプ氏の置土産が大き過ぎて、現状を保つしかないらしい。

小沢一郎氏が中国共産党100周年に祝意 「国際社会が大きな期待」
https://news.yahoo.co.jp/articles/a8177f2982f9c61449d16ed0b478e8add88a729c
河野太郎の父・河野洋平等が建党百年に祝電――中国共産党万歳!
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20210627-00245041/
<独自>自民、中国共産党100周年で電報 二階幹事長名で
https://www.sankei.com/article/20210630-34NN76HVUROD7N7XSLIKOP5LP4/
サンモニ・関口宏、香港「リンゴ日報」廃刊「中国だから」ではない
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c1d878de841b634c845e783b4b930d1a1518588
「トリエンナーレとは全然違う」 名古屋・河村市長が「不自由展」の許可理由示す
https://news.yahoo.co.jp/articles/536ae758a6ace6a188dc0bf24a9cf5adbe78b9ec
「表現の不自由展」大阪府が会場の使用許可取り消しを容認
https://mainichi.jp/articles/20210625/k00/00m/040/253000c

クリックすると元のサイズで表示します

さて中共ついでにTBSだが、その「サンデーモーニング」の27日の放送は酷かった。デイリースポーツの記事を参考にするが、中国共産党政府に物申す香港の新聞に「リンゴ日報」は、新法である「香港国家安全維持法」施行後、違法として資産が凍結となり、到頭、24日の朝刊が最後になった。そこで番組では、米国大統領のバイデン氏が「ジャーナリストは指導者たちに説明責任を求め情報を自由に伝達させる“真実の語り部”。何より香港にとって必要な存在だ」と言う声明を紹介し、中国外務省の趙立堅報道官の「報道の自由は免罪符ではない。中国に反対し、香港を混乱させることはできない」とのコメントを紹介した。しかしながらMCの関口宏氏曰く「権力を監視し続けるメディアっていうのも必要」とした上で、「リンゴ日報」の廃刊については「『これは中国だから起こってる』ばかりではなくて、世界中のいろんな国が、これを『他山の石』にしなきゃいけないなと思います」と。たぶんこの番組への批判をかわす為だとは思うが、敢えて言えば『中国だから起こってる』と思う。何かとこの番組が嫌われるのは反日だからで、「他の国でもありうる」と言うのも、暗に政府批判でもあるが、御得意の「報道の自由」も「やりたい放題のテレビ局が、よくやるものだ」と悪い意味で感心してしまう。やっている事は、一昨年に話題となった「表現の不自由展」と何等変わりない。その理窟からしてそのものではないか?

0
タグ: 表現の自由



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ