人と違う生き方は それなりにしんどい。  社会・政治



社会・政治blogランキング

「人と違う生き方は それなりにしんどいよ。言い訳出来ないからね」。これは1995年のスタジオジブリのアニメ作品である「耳をすませば」の登場人物、月島靖也の名言。これこそ自分で決めた道への責任だが、その為の覚悟は必要だ。さて父が入院をした事で、母も小生も一休みだが、来るべき日への覚悟も必要だ。現在の内情はそんな感じだ。昨日は休みだったが、何しろこの暑さだ。集中力は事如く削がれて、作業らしい事をしたのは夕方だ。北海道もエアコンが必要だ。だからblogも頭がハッキリしているうちの打ち込みだ。こちらは殆ど毎日の更新で10年続いているのだ。最近は趣味を含めた他愛のない話ばかりだが、これは政治不信の裏返しだ。だから取り上げるのが面倒になる。なので反政府側の騒ぎを垣間見ると、思わず「元気だな」と呆れる。そこで「そのエネルギーを他に回せや!」と言いたい位だ。暑さで停滞気味のカセットデッキの修理は、昨日の作業で更に見通しが立った。

クリックすると元のサイズで表示します

「東京五輪」は、このコロナ禍でも“どうにかこうにか”やってる印象があるが、日本も武漢肺炎ウイルス被害国であるのは変わりなく、与党幹事長がボケて中国推しでも、党内保守が、まだしっかりしているのでどうにかなっているようなものだ。その元凶である中共だが、ウイルスで世界が疲弊しているのを、この時とばかりに覇権行為に及ぶ。日本の場合はやはり尖閣諸島の件もあり、沖縄に至っては、既に中共が国連に自治区として(認めるか認めないのはともかく)届け出をしている。その辺の事は、おそらく翁長県政時代だろうが碌でもない。そんな状況なので「尖閣諸島を守る会」代表世話人であり、石垣市議会議員(7期)の仲間 均氏がTwitterで訴える。「続いて奥島高弘海上保安庁長官と國場幸之助外務大臣政務官に日本の領海内から中国海警局の艦艇を排除するように要請いたしました。https://t.co/GpeWACEulL」と。

クリックすると元のサイズで表示します

そこで「何故、日本の領海内から中国海警局の艦艇を排除出来ないか?」だが、それは結局、自民党の独裁政権下に於て、党内親中派と元々が親中政党の公明党が連立しているからだ。後者は何かと言えば「池田先生が」と中共との親密な関係を隠さず、今や親中の「二階政権」なれば、内閣はその付録のようなものなのでどうしようもない。そこで自民党を党内再編をして、親中派と保守を分離し、それぞれの立場を国民に晒した方が解りやすい。でないと今回のような事となる。「二階政権」は前内閣である安倍内閣とは、外交姿勢は真逆なのだ。そこで官房長官経験の長い菅義偉氏が、総理になってもあのザマだ。この状態では内閣が変わる度に「親中派か保守か?」と国民が戸惑う。然もあの安倍内閣の後では、やはり現総理の菅義偉氏の残念さが目立つので尚更だ。

さてこちらは周回遅れだが、こんなニュース。テレ朝ニュースによると「自民党の下村政調会長は、都市封鎖や外出を厳しく制限する「ロックダウン」について「国会で積極的に議論すべき」との考えを示しました」との事。下村政調会長は語る。「(ロックダウン)それ自体は法律改正が伴うことだと思いますが、今後のことを考えるとですね、しっかりとしたそういう法律改正も国会で積極的に議論すべき」だと。

クリックすると元のサイズで表示します

おそらく東京都があんな感じなので、「東京五輪」との兼ね合いで、どうしようもない状況なので痺れを切らしたのだろうが、これには憲法上の問題もあり、寝ぼけた平和憲法の現実がある。だからこその憲法改正も必要なのだが、とかく言う立憲民主党等の特定野党は一部の憲法改正すら審議に参加してくれない。

韓国企業、6か月後の五輪スポンサーシップに関して米国から圧迫=韓国報道
https://news.yahoo.co.jp/articles/728d2de4d4ea2eda56f0e703d5fa12ba51df3c06
「ロックダウンを積極的に議論」自民・下村政調会長
https://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000224329.html
仲間均 @nakamahitoshi
https://twitter.com/nakamahitoshi/status/1420361457057681410?s=19

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ