言い訳と言うもの  ニュース



人気ブログランキングへ 

あのセレブ姉妹プロジェクト「叶姉妹」の叶恭子さんは斯く言う。「私は言い訳と言うものを好みません。何故ならそれ自体が、既に美しくないから」と。確かに現実には勝てまい。何故なら、どんな言い訳をしようが、その結果は変わらないからだ。だから先の事を考えた方が良い。今日は父が入院している病院に母が届け物をするついでに妹も(父の)様子を伺いに行くのだが、どんな状態か気に掛かる。医者が言うには、父の老人ボケは「薬絡みらしい?」からだ。体に入った菌はまだ抜けないが、退院をしたら、その辺の因果関係も見えるだろう。そんな処か?時間が空いた分、趣味でしている作業を仕上げよう。

さてそれにしても忌々しいのは武漢肺炎ウイルスだ。前にも述べたが、そのウイルスによって、当たり前だった日常生活や文化活動が出来ないので、「まるで『文化大革命』そのものだ」と表現をしたのだが、強ち的を外れたものではないだろう。何せ演奏会や歌劇公演にも制限が掛かる。そこが我慢ならんのだ。これで淘汰されるものもかなり在るだろう。つまり多くの人が関わる総合芸術そのものの存続すら難しいからだ。そこで感染拡大を抑える為のワクチンだが、その効能についても解らない事ばかりだ。それが陰謀論で、その陰謀論を否定する陰謀論もあるのだから、本当に訳が解らないのだ。たぶん真実すら、何処に在るかも解るまい。なので小生、ワクチンについては、一息入れて様子を見ている。と言うのも、中には「まさか?」と言う程に荒唐無稽な陰謀論もあるからだ。それはちょっと科学に精通しているレベルでも「それはない」と言える程のものだからだ。(分子レベルのチップの噂等は、その典型だが、そこまでの安定した科学レベルが現在在るとは、まだ言い切れない。)ワクチンに対する誤解にも触れておこう。どんなワクチンでもそうだが、その効能は発症を抑えるものだ。つまり感染を抑えるものではなく、接種した当人の発症を抑えるのだ。だからこのblogでも指摘をしているが、ワクチン云々より、発病した時の治療薬の方が大事なのだ。そこに鶏と卵の関係がある。いちいち説明をするのは野暮だろう。

楊井人文 Yanai Hitofumi @yanai_factcheck
https://twitter.com/yanai_factcheck/status/1422164612980428803?s=19
ワクチン接種で脳出血が起きる?不妊症になりやすくなる?陰謀論も飛び交うワクチン接種と“副反応”情報のウソ・ホント
https://times.abema.tv/news-article/8659248?mobileapp=1

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

先日、毎日新聞で誤報があった。だがしれっとお詫びもなしに書き換えている。それが武漢肺炎ウイルスに於ける自宅療養の件だ。実は2日に毎日新聞は「政府の病床確保に向けた方針は、重症者については入院のための病床を確保しますが、中等症や軽症者に関しては自宅療養を基本とする内容です。https://t.co/A0O8c6gXjg」と報じたが、後からしれっと【見出し、記事を更新しています】として「新型コロナウイルス感染症への対応で厚生労働省は2日、感染者の多い地域では原則、入院対象者を重症患者や特に重症化リスクの高い人に絞り込み、入院しない人を原則自宅療養とすることを可能とする方針を公表しました。https://t.co/A0O8c6gXjg」と書き換えた。読んで字の如くで全く、その意味合いすら違うが、やはりそれをネタに野党や各社媒体が修正前の報道で政府を批判している。厚生労働相も、その度に説明をしているが、修正した後のものが元々の政府案だ。そこに現在の媒体の劣化振りが伺える。不思議なのは連立をしている公明党の議員からも同じ質問があった事だ。流石にこれでは連立の意味はあるまい。そろそろ連立解消をしても良さそうだ。自民党も解体再編をしてもらいたい。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ