苦しみの中で出す答え  社会・政治



社会・政治blogランキング

「苦しみの中で出す答えは、生きて行く上で大きな支えになる」。これは堂本兄弟の堂本剛さんの名言だが、本当に困った時には名案が浮かぶものだ。今日は休みだが、朝から部屋のスペースを作る為に押入れから棚を出して入れ替えをしていた。それと今更ながらソニーのβのビデオデッキを使えるようにした為に、過去にエアチェックをしたテープのリマスターをしていた。ようやく落ち着いたのでblogの更新だ。テレビでは自民党総裁選挙の話ばかりだ。TBSの「ひるおび」では何とも香ばしい政治評論家が好き勝手な事を言っていたが、相変わらずの面子なのであんなものだ。立憲民主党代表代行の江田憲司氏も出ていたが、その後の国政選挙での「政権交代」に触れながらも、アノ支持率である。地道に「国民からの信用を取り戻す事を考えた方がよろしいのではないか?」と思った。コロナ対策もそうだが、現在は超党派で取り組まねばならない事態なのに、好き勝手な事を言っても始まらない。闘争とそれは別にして貰いたい。そんな事をいつも思うのだが「国民の気持ち、政党知らず」で、これなら低支持率も斯くあるべきだ。つまりそれなら当たり前だ。このblogの更新が終わったらオープンリールデッキの清掃でもして、交換箇所の確認をしよう。開けてみないと解らないものもある。問題はその時に部品が現在でも在るかどうかだ。

クリックすると元のサイズで表示します

さて蓋を開けてみないと解らないのは、自民党総裁選挙とて同様。何せ党内選挙で国民は蚊帳の外なのだから仕方ない。それでもある程度の予想はつく。野田聖子氏は問題外だが、票荒らしで二階派が仕向けた刺客位にしか思えない。それが女性票だろうが、分散が目的だろう。しかしながら何度も述べるが、これは自民党の党内選挙、党員票があるものの、世論に「敏感か?鈍感か?」に掛かる。二階政権化した「菅義偉内閣」は、最初こそ、保守層を唸らせたが、徐々に幹事長の二階俊博氏の横槍が入った。それでも安倍晋三内閣で7年間、参謀として官房長官を務めた人物である。「下手な真似はしないだろう?」とは思ったが、支持者に対する裏切りが積もり積もっての今のザマだ。そりゃあ支持率も落ちる。特に民主党政権時代の特亜に対する傾倒振りは酷く、日本は後回しだった。それが菅義偉内閣で再現されたのだ。当初は「安倍内閣の継承内閣」だと明言をしていただけに、真逆の親中では話になるまい。おまけに中共(中国共産党)への包囲網までも、国際舞台で否定されれば、もう用はないのだ。武漢肺炎ウイルスの最中に習近平主席を国賓として迎えようとしていたのだから狂気の沙汰としか思えない。そんなこんなで現総理の菅義偉氏は自民党総裁を続投するだけの支持を得られなくなった。結果、任期を成し遂げる事となった。任期を終えたら菅義偉氏に本音を語って頂きたいものだ。

高市氏「台湾有事は日本の脅威」 総統との面会希望"
https://www.sankei.com/article/20210914-5FMUMJTR3ROC7K4P7WBY55GTGE/
河野氏、同性婚と選択的夫婦別姓に賛成 年金改革「最低保障が必要」
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA160HP0W1A910C2000000/
石破茂元幹事長、河野氏支援を表明 森友問題「これでおしまいではないと申し上げ、河野氏も同意した」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/131041
岸田氏が夫婦別姓導入に意欲「議論しなければ」 自民党総裁選
https://news.yahoo.co.jp/articles/1f489da3ac09cceae713705d29a9b461a5d945bd
岸田氏「言葉が踊っている」 石破氏の発言に
https://www.sankei.com/article/20210916-BAYFVSJ2G5M5ZMOE4TQUN7AU5Y/

クリックすると元のサイズで表示します

そこで高市早苗、河野太郎、岸田文雄の三者だが、男性陣が弱い。世論の動きには悪い意味で敏感なのか主張がコロコロ変わる。これでは安心して国を任せられない。それと「この人は外務大臣時代に厳しかったので中々かな?」と思っていた河野太郎氏が襤褸を出した。岸田文雄氏は外交に関しては、それ以前の問題だ。周りの空気なんかどうでもいいのだ。なり振り構わず国家、国民を守ってくれる人こそが適任だ。その為には経済感覚にも適応性が求められる。バブル崩壊以降の庶民の暮らしはバブル以前にも戻らず、日本の技術も海外に流出。今や「Made in Japan」の定義も崩れた。それには雇用も含む事を忘れてはならない。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ