怖いから頑張んねん。  独り言



人気ブログランキングへ 

これは明石家さんまさんが言ってた事だが、さんまさんの仕事に対する覚悟が伺える。曰く「お笑い芸人は緊張しない奴は売れないねん、見事に。みんな緊張しぃやねん。怖いから頑張んねんけど」と。此処までの重鎮的な存在の人でさえもこうなのだ。だからその辺の心構えのない芸人が本質を忘れ「ネットで荒れるのかな?」と思う。そんな芸人とも言えない人は、どうせ降りてきたものでしかものが言えないのも覚悟がないからだ。嘗て八代目の林家正蔵(彦六)は噺の枕で「俺は共産党員だよ」と明言してたが、若き日にはプロレタリア運動に関わった筋金入りなれば、こそこそ隠すよりは身の内を明かした方が気が楽だろう。そんな師匠だが、「本人談によれば「あたしゃ判官贔屓」あるいは「共産党は書生っぽいから好きなんですよ」とのことであった。自身が贔屓にしている共産党金子満広などに、参院議員時代の立川談志が侮辱的な野次を飛ばして辞職後も場外で続けていたことを快く思っておらず、会えばしょっちゅう喧嘩になっていたという」てな事がWikipediaに載っていたりする。やはり此処まで明言出来るのも覚悟があればこそだ。最近は安倍政権時にあれだけネットで騒いだ芸(能)人達が大人しく「どうしたのかな?」と思う程だ。別に党員の印象すらない芸能人ばかりだったので、それこそ日本共産党のカクサン部辺りが流布したネタの受け売りだったのだろう。(現に“反対の為の反対”ばかりだった。)なれば「二階政権」化し、親中政権だった菅内閣への批判が意外と無かったのも頷ける。言うまでもないが、そんな野党は特亜の工作機関みたいなものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

此処で時事にも触れておくが、北朝鮮はまるで「少しは振り向いてくれよ!」と言わんばかりにミサイルの発射だ。衆議院選挙中なので「尚更なのかな?」とも思うが、それで総理が官邸に居ない事を立憲民主党は「危機感が足りない」と批判。その為に防衛相やら外務相が居るのだがうるさい奴等だ。で、その総理と言えばTwitterで「毅然と対応してまいります。」だ。もうそんな段階は終わった。さっさと制裁をせい!かと思えば中共は「バブル崩壊」後の暴動に備えて人民解放軍と警察に「第1級厳戒態勢」を発令だ。資本主義なのか共産主義なのかハッキリせい。昔々は「中華人民共和国」が豊かになれば、自然に民主主義化をするだろうと政府開発援助(ODA)で援助したが、これで中共の乞食根性を助長させてしまった。そんな最中には「六四天安門事件」が起きたが、その時に世界がソッポを向いた時に手を差し伸べたのは日本政府だったが、今思えば無駄だった。当時の総理は宇野宗佑氏だったが、その宇野総理と三塚博外相が「中国の孤立はさせない」と対中非難を強める先進諸外国と歩調を異にしたのだ。(まるでコロナ禍での菅義偉内閣の対応とそっくりだ。)やはり日本の親中派は中共に骨の髄までしゃぶりつくされた印象しかない。新総理は韓国には強硬な姿勢を貫いているようだが、中共にはどうだろう?総裁選に於いても「対話」がどうのと寝惚けた事を言っていたので不安しかない。話が通じないから、韓国には強硬な姿勢を取っているのに「中共には」と言う訳には行くまい。何度も騙されているのだから「いい加減に学習せい!」と言いたい。新内閣の外相が茂木敏充氏に留任をさせた事自体が、この内閣の頼りなさである。対中政策は形だけのものだろう。色々な事が予想されるので、今回の衆議院選挙では、自民党に票を投じるのが無駄な感じがする。なれば考え方のマトモな少数政党を育てる気持ちで、その票を投じた方が無駄にはならない。民主党系は最初から頭にはない。

中国指導部 恒大集団の経営危機で軍・警察に「第1級厳戒態勢」を発令
https://news.yahoo.co.jp/articles/015a9b9fbc7fa1657a1be5d5b20e95dd4a9a7176
岸田首相から3匹目のドジョウ狙う韓国 米中対立で日本の「輸出規制」が凶器に
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/10180559/?all=1&page=1
枝野氏 ミサイル発射時に首相と官房長官不在で批判「危機意識欠如」
https://mainichi.jp/articles/20211019/k00/00m/010/168000c
岸田文雄 @kishida230
https://twitter.com/kishida230/status/1450283996005343237?s=20

クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ