破壊するのも、創造するのも  独り言



社会・政治blogランキング

「自分を破壊するのも、創造するのも、自分自身」。これはマドンナさんの名言だが、元来、自己責任とはそう言うものだ。今日は休みだが、最近は何かと疲れるのでなるべく好きな事でもしてのんびりと過ごそうとは思う。昨日に飛ばした日立Lo-Dのカセットデッキのヒューズは予備が在ったので交換して、キャプスタンモーターも更に交換だ。付属の可変型抵抗器が全く機能をしていない。そこでお蔵入りしているpioneerのカセットデッキのモーターを使ってみよう。後は配線が未解決のTEACのデッキをどうにかしよう。そんな処か?さて時事だが、現内閣は親中の度が過ぎた面ばかりが目立ち、時流に合わない。その関連で日経新聞にこんな記事が在った。「自民・福田氏、外相訪中に肯定的」と。これこそ「いい加減にしてくれや!」だが、それには「自民党の福田達夫総務会長は26日の記者会見で、林芳正外相の中国訪問に肯定的な見解を示した。「国益を守るためにも関係づくりをしなければならない相手に外相の職務を果たすのは当たり前のことだ」と話した」との事。しかしながら現在は時と場合が違うと思う。その辺の見境がつかないのが困りものだ。そんな自民党政権だが、「熊本日日新聞社は10月にあった衆院選に合わせて各政党本部に、選挙運動の制限緩和や外国人に地方参政権を付与するための公職選挙法改正についてアンケートを送付し、回答をまとめた。自民党は全項目で改正に反対もしくは慎重な姿勢を示す一方、自民と連立を組む公明党や野党第1党の立憲民主党はおおむね前向き。共産党と社民党は全項目で改正に賛成と答えた」との事。(記事元:熊本日日新聞)つまり影響力は自民党保守派(中道左派)の方が、まだ健在なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します

これでは「結局、自民党の方が支持が出来る」と言う事だが、現状ではまだまだ自民党自体が(親中派、左派中道が入り乱れた結果が)リベラル政党なので、親中派内閣でも党内の批判が多ければ、その姿勢を控えるだろう。だからふらつく。特に現内閣に至っては、現(自民党)総裁が、あれだけ総裁選挙に於いて保守中道路線的な公約を掲げていたのに、その椅子に座ればこの有様だ。振り返ればこの人、「もりかけ」「桜」の追及も公約にして、党内から批判を浴びた為に即取り下げるような真似をしていたのだから地はこうなるだろう。(まるで党内野党みたいな人だ。)つまり総裁選挙に於いてはサポーター(党員)を騙したようなものだ。自身の立場が有利になった途端に有頂天になるのは外務大臣から変わらない。ちなみに永住外国人地方参政権については自民党と連立をしている公明党が常に前向きだ。産経新聞によると、その山口那津男代表は「国民の理解が十分に広がっていくことが大事で、引き続き検討を重ねていく」てな事を言う。その上で「少なくとも居住する地方自治体での参政権を認めてもよいのではないかというのが、わが党が従来主張してきたことだ」と。そこでこんな事を宣う。「住民投票全般について具体論も今生じているようだが、(公明は)居住する外国人すべてにと考えているわけではない」と。つまり「特亜(中国、南北朝鮮)外国人に対しては前向き」だと言う事か?いい加減にしてほしい。バブル崩壊以降は、すっかりと(テレビ等の)媒体が特亜に乗っ取られた現実をまざまざと見せつけられているが、このままでは、その手の売国奴の政治家が国土までも売ってしまいそうだ。或いは既にそんな状態なのかも知れない。岸田内閣はそれをやろうとしている。総裁選では、あまりにも中共ズブズブなのが党員に敬遠されて河野太郎氏が落ちたが、岸田文雄氏は、まんまとそれを隠して当選した。だから「総理になってする事も決まっていた」としか言いようがない。

自民・福田氏、外相訪中に肯定的
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA264L70W1A121C2000000/
運動制限緩和、外国人参政権…自民は慎重、野党前向き 公選法改正アンケート
https://news.yahoo.co.jp/articles/bb260588202eb225fd8931e0ec690369b583b76c
永住外国人地方参政権「理解が大事」 公明・山口氏
https://news.yahoo.co.jp/articles/5fe5f92ef80dd7eae7dda375e355f393735485b2

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ