精いっぱいやるだけ  社会・政治



社会・政治blogランキング

「“今”出来る滑りを精いっぱいやるだけ」。これは女子フリースタイルスキー・モーグル元選手の上村愛子(1979年12月9日 - )さんが、5大会出場した冬季五輪(1998年長野・2002年ソルトレークシティ・2006年トリノ・2010年バンクーバー・2014年ソチ)どの大会かでの選手インタビューの時のコメントだが、何だか何事もそんな前向きな姿勢で取り組めば、どうにでもなるような気がする。諦めなければだ。ちなみに愛子さんは、2008年度紫綬褒章受章者。JOCスポーツ賞特別貢献賞受賞者 でもある。さて同じ名前の今上陛下の内親王には、愛子内親王殿下がいらっしゃるのだが、早いもので20歳だ。まあ色々在った。その色々だが、立憲民主党も新代表が決まり、党自体の方針転換も示唆しているが、行き詰まった時に、どちらに舵を切るかで見通しも変わるだろう。その泉健太氏が選出されたのは、昨日に(11月)30日だが、朝日新聞によると選出後の記者会見では、こう宣った。「常に自民党と戦っている政党、これは間違いないが、ともすれば自民党の方ばっかり見て、対抗して、国民に対する説明、発信が弱くなっていた」と。これは枝野幸男氏らによる前執行部の批判だ。そこで「(政党活動の)原点には、国民に何を届けるかということが大事だ」と強調。マンネリ化で元に戻らない事を願う。行き詰まらないように党運営が出来るかが課題だ。

クリックすると元のサイズで表示します

昨日は休みだったので、またもやカセットデッキを手掛けていたが、いい加減に観念して日立Lo-Dの「D-400MKU」を復活。モーターは、Pioneerのそれから交換した。しかし難題があった。そのカセットデッキは、直流モーターなので当然、極性が決まっているのだが、正相にすると逆相になる。そこで仕方なく逆相にするとガバナー(速度調整)が無効になる。それで首を傾げ、出た結論だが、どうした事か、その日立Lo-Dのモーターだけ、正相が逆相になるのが正しいようだ。恐らくガバナーを通した後に逆相にしているのだろうが、とても捻くれた使い方だ。それで取り敢えず、キャプスタンベルトを襷掛けにしているが、痛むので、そのモーター用に櫓を組んで逆付けをしよう。これで全てが丸く収まる。但し難点は、それでモーターが飛び出すので、その分台座の足も上げよう。てなヘンテコな事を考えている。そろそろ程度の良い(カセットデッキの)高級機でも探そう。

枝野氏らの前執行部は「自民党の方ばかり見ていた」 立憲・泉新代表
https://www.asahi.com/articles/ASPCZ5JYQPCZUTFK01K.html
立憲・泉新代表「維新は『遠め』、国民民主は『兄弟』」 関係問われ
https://news.yahoo.co.jp/articles/f0da268058cec3fbbda81e1f525763b0d7ec0cad
水際対策ビジネス目的や留学生も入国停止へ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b32df57ca99038cad9db7aaa2234cc86b9577fa1
佐藤正久 @SatoMasahisa
https://twitter.com/SatoMasahisa/status/1465251866594271232?s=20

クリックすると元のサイズで表示します

では政府だが、例のアフリカ株については、その感染予防対策に特例の措置は取らずに全世界を対象にした入国禁止にした。これは正解で、実際に特亜諸国が、その特例になりそうだったので一先ずではあるが安心だ。と言うのは「もしや?」の含みがあったからだ。それが中共で、そこの国家主席を国賓として迎える可能性は、この先否定は出来ない、何せ外務大臣の林芳正氏は「日中友好議員連盟」元会長であり、幹事長の茂木敏充氏は外務大臣時代の日中外相会談に於いて中共外相の王毅氏から尖閣諸島についての日本政府の対応を批判している横でデレデレしていた人物だ。おまけにそんな与党たる自民党と連立をしているのは、支持母体の創価学会の池田大作名誉会長が、古くからの縁で親中派の公明党だ。現総理は、その辺の圧力に弱いので、時と事情によっては国益の価値観さえも引っくり返るだろう。早く保守中道の政治家に国を治めてほしいものだ。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ