ビジョンは大きい方がいい。  社会・政治



社会・政治blogランキング

「ビジョンは大きい方がいい。たとえ自分が実現出来なくても、バトンタッチすればいいのですから」。これは医学博士(医師)の日野原重明氏の名言だが、何かのプロジェクトではそうだろう。だが個人レベルでも、ビジョンが大きいと見識も変わって来ると思う。さて今日は運転免許証の更新で手稲だ。(そこはローカルネタだが、)それで半日潰れる。昨日は父が元々行く筈だった施設に移転をしたが、母の話では「元気だった」と言う事なので、取り敢えずは安心した。残るは母の病が完治するかだ。現在は、腎臓系の病気で尿パックを下げているが、明日の検診次第では、それが外れるかどうかだ。と言うのも、もし外れたら早く体力を取り戻して父を迎えに行かなければならないからだ。(そんな感じでとばっちりを受けていた。)それにしても掛かるのは医療費だ。両親は共に後期高齢者医療制度に引っ掛かるので、その制度に伴う補助が受けれるが、今回は時期が悪く難儀した。なので全ての体制が戻ったら美味いものでも食いたいものだ。そこから元の生活を実感するだろう。そんなものだ。

クリックすると元のサイズで表示します

さてネットから拾った記事でも取り上げよう。「北京冬季五輪」開催は、既に1ヶ月前となったが、結局はウイグル自治区での(ジェノサイド等の)人権侵害や武漢肺炎ウイルスの多大なる被害は上の空で普通に開催される事だろう。なのでこんな事が在っても驚きはしない。昨年のクリスマスには、東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長と同委員会の名誉会長の(「キヤノン」のCEO兼会長兼社長)御手洗富士夫氏が、駐日中国大使の孔鉉佑氏を神奈川県茅ヶ崎市にあるゴルフ場『スリーハンドレッドクラブ』で接待ゴルフをしたようだが、これが現実なのだ。FRIDAYが報じたがアホらしくなる。現内閣が親中なのは残念だ。だが「国民まで巻き込まないでくれ!」と言いたい。「TikTok」は中華系なので危険視をされてはいたが、ほとぼりが冷めると「法務省がTikTokと連携」なんてニュースが在った。然もそれが「若い人の契約トラブル防止で特設サイト」だと言うのだから頭がクラクラする。これでトラブル防止になるのか?セキュリティー面で初期に問題になったのを忘れたか?そこが岸田内閣の怖さである。(「台湾より先に尖閣諸島が取られるのではないか?」と思ってしまう程に不安だ。)そうかと思えば北朝鮮では久々のミサイル発射だ。しかし相変わらずの「遺憾の意」とて、もうそんな段階ではないだろう。野党も然りだ。早速、立憲民主党の摂津市議会議員は、そこの日本人拉致問題に関して「今年、不甲斐なかったのは摂津の教育に拉致被害者の問題を持ち込ませてしまったこと。もっと論破できるようにならなくては」。なんてtweetをする始末だ。これで『政権交代』等と言う。代表が変わってもこれだ。こんな政党になんぞに何が出来る。

NHKニュース @nhk_news
https://twitter.com/nhk_news/status/1477071581327523840?s=19
にしたに知美(摂津市議会議員・立憲民主党) @tomominishitani
https://twitter.com/tomominishitani/status/1476890943416840193?s=19
五輪外交ボイコット騒動中に橋本聖子氏が中国大使を「接待ゴルフ」
https://news.livedoor.com/article/detail/21437148/
岸田首相「連続したミサイル発射は遺憾」 落下地点など分析中
https://news.yahoo.co.jp/articles/77ff45fd67162edcb57612f477ee362f41ac3cb9
北朝鮮 弾道ミサイルの可能性あるもの500キロ飛翔 EEZ外落下か
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220105/k10013415441000.html

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ