その日、一日の性格  社会・政治



社会・政治blogランキング

「鏡の前で、毎朝一度、見せる笑顔で、その日、一日の性格が明るくなるよ」。これは空手ブームを巻き起こした大ヒット漫画『空手バカ一代』の主人公としても知られる大山倍達(韓国名: 崔 倍達; 民族名: 崔 永宜〈チェ・ヨンウィ、韓: 최 영의〉、1923年6月4日 - 1994年4月26日/国際空手道連盟総裁。段位:十段) 氏の名言。日本を代表する武道家として知られており、極真空手を創設し国内外に空手道の普及を行なった大人物だ。生年月日が示すように日韓併合時代の朝鮮半島出身の空手家だ。在日朝鮮人だが、何故か南北分断後世代と併合世代は、日本に対する国家観が違うようだ。小生の幼馴染みの婆さんもそうだったが、別に反日でもなく、感覚も日本人だった。昔の祝日の光景は、家の軒下には日の丸を立てたものだが、その家もそうだった。大韓民国(韓国)建国時(1948)の初代大統領は李承晩氏だが、そこで苦慮したのが、李氏王朝の扱いだ。つまり日本の天皇陛下のように象徴化をする事は、許せなかったのだ。それだけ李氏王朝統治の朝鮮は滅茶苦茶で、国民の生活は二の次。散々、好き放題やって国を潰したので「王朝復帰はとんでもない!」と思ったのは充分、理解が出来る。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし相手は王族。そのままでは朝廷への謀反となる。だが理由が理由だ。「李氏朝鮮」の悪行を包み隠さず、「だから復帰をさせない!」と国民に明言をしても良かったのではないか?結局、反日は辻褄合わせだったのだ。おまけに朝鮮解放後は、最貧国へと没落をしたのだから、その国民の不満を新政府に向けられても困る。更には、朝鮮戦争前後の李政権による自国民虐殺事件(四・三事件)に対する国民の恨みも、どうにかしたかったのだ。それでこうした。「日本は李朝を亡ぼし、朝鮮を植民地化して残虐な支配を行った」「上海に亡命した独立運動家が『大韓民国臨時政府(臨政)』を立ち上げ、『光復軍』を組織して朝鮮解放に貢献した」「その臨政を引き継いだのが李承晩政権である」と。(産経新聞コラム「【目を覚ませ韓国】初代大統領・李承晩に歴史ねじ曲げた大罪 反日を国民に強制」より。)つまり歴史を歪曲し、正当化した。日本は踏んだり蹴ったりである。だからその李承晩政権の対日政策に対し、「これなら(李氏王朝を)助ける事はなかった」と批判されても当たり前だ。正に恩を仇で返すとは、正にこの事である。そんな事もあり、韓国では失政の度に批判をかわす為に「反日」をネタにする。酷いものだが、そこで大山倍達氏のように「鏡の前で、毎朝一度、見せる笑顔で、その日、一日の性格が明るくなるよ」なんて気持ちになれれば、現在の朝鮮も、こんな状態にはなるまい。

クリックすると元のサイズで表示します

さて明日は休みだが、この前の休みに更に工具を追加した事から、明らかに作業が容易になった。何せ、それまではプーリーの軸穴の系を合わせる為にドリルで、それを拡げる事さえ出来なかったのだ。しかしめでたく解決だ。これで作業が楽になる。そこで「巷では?」だが、現内閣支持率が、なんと63%だそうだ。上がる理由も解らないが、これは読売新聞の世論調査だ。その記事によると「岸田首相がウクライナ侵攻に適切に対応していると「思う」は62%(前回58%)で2か月連続の上昇。新型コロナウイルスを巡る政府の対応を「評価する」とした人は62%に上り、同様の質問を始めた2020年2月以降、初めて6割を超えた」との事。確かに(特亜に乗っ取られた、各社媒体とは)利害関係が合うのだろう。つまり、その手の媒体には「軽い神輿」なのだ。

【目を覚ませ韓国】初代大統領・李承晩に歴史ねじ曲げた大罪 反日を国民に強制
https://www.sankei.com/article/20171226-SME5V5ZKNFMDRMXIXSQP7GKOSQ/#aoh=16526516848901&referrer=https%3A%2F%2Fwww.google.com&amp_tf=%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B9%3A%20%251%24s&ampshare=https%3A%2F%2Fwww.sankei.com%2Farticle%2F20171226-SME5V5ZKNFMDRMXIXSQP7GKOSQ%2F
内閣支持上昇63%、コロナ対応「評価」初の6割超…読売世論調査
https://www.yomiuri.co.jp/election/yoron-chosa/20220515-OYT1T50176/
岸田政権への警鐘 「聞く力おじさん」で終わる気か 政治学者 岩田温
https://www.sankei.com/article/20220501-X6ALUYQ2L5LS7KZNM6ZE27LVA4/
フィフィ @FIFI_Egypt
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/1525500561382318081?s=19
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/1525493062818230274?s=09

クリックすると元のサイズで表示します

これはタレントのフィフィさんのTwitterによる指摘だが、曰く「よく、高市早苗さんについてどう思いますか?と聞かれます。高市早苗政調会長は、政治家を目指した頃から志を高くを持ち、政調会長まで上り詰めて、なおも初心を忘れずこの国のために努めてる方だと思います。ただ、不思議ですね、普段あれだけ過剰なまでに「女性の活躍」と反応するマスコミはスルー」だと。その高市早苗さんだが、此処までの逸材を無視するのは、単に媒体の都合だ。早い話が、高市さんが自民党総裁になられると困るのだ。大体、そんな媒体がエライヤッチャ」と持ち上げれば、大評判となるのだろうが、そんな処が持ち上げるのは、猿のようにキーキーうるさい反日左派政党民の女性議員だ。つまりこんな、どうでも良い者達を持ち上げて、女性政治家の地位を下げているのだ。現実は冷たい。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ