性格を反省  社会・政治



社会・政治blogランキング

「自分の顔が酷くなってきたら、自分の性格を反省せよ」。これは米国ミュージシャンのH・ジャクソン・ブラウンJr(Horace Jackson Brown Jr:March 14, 1940 – November 30, 2021)氏の名言。確かに性格(人格)は顔に出るものだ。さて一昨日、昨日と連休を取った事から、ようやく部屋等の片付けも進み、少しはスッキリしたようだ。Lo-D のカセットデッキも然る事ながら、次の作業の準備も出来る段階だ。(だがLo-Dのデッキは若干、ピッチが上がる傾向にあるようだ。やはりモーターの新調が必要だ。)次はTechnicsのデッキだ。日米首脳会談に於いて、台湾有事の際の対応等の共同声明があり、防衛費の増強も決まった。そんな最中での中共政府による東シナ海での新たなガス田の開発が進んでいるが、相変わらずの「遺憾の意」である。もう聞き飽きた。岸田総理も.アレだが、林外相もピントがズレてる。産経新聞によると、22日、「新潟市内で講演し、新型コロナウイルス感染が拡大する北朝鮮への支援を検討する必要があるとの認識を示した。「あそこの国とは国交もない。だから放っておけばいいとはなかなかならない」と述べた」との事。思わず、「そんな事をしている場合かね?」だ。(まるで元総理の鳩山由紀夫氏のような事を言う。)北朝鮮による日本人拉致事件も解決をしていないのに、ずいぶんとお人好しだ。非核やらミサイルの件も放置して支援か?どうも馬鹿に付ける薬は無いようだ。尚、岸田内閣の支持率は、変わらず高水準。そりゃこんな事ばかりをしていては、南北や中共の工作員だらけの各社媒体からの支持率は上がるだろう。此処まで(そんな処と)利害関係が合う内閣は、民主党政権以来ではなかろうか?

クリックすると元のサイズで表示します

こちらも勘違い振りが酷い。これはスポーツ報知の記事だが、22日放送のTBS、日曜8時の極左番組「サンデーモーニング」に於いて、ジャーナリストの青木理氏が、こんな発言をした。「バイデンさん、韓国に行って日本に来ますよね。これ恐らくメッセージとしては日韓関係なんとかしろ。と。今のような状況ではまずいっていう問題意識を恐らく米国はものすごく強く持っている」。「尹錫悦大統領が誕生して、尹錫悦政権は、対日関係の改善にかなりメッセージを出していますよね。それに対して日本がどう応じるのかというあたり。まず韓国に行ってその意志をプッシュする。日本に来て日本にも同じようなメッセージを間違いなく発する」と。しかしそれは外れ、韓国よりは寧ろ、台湾有事の対応について言及していた。韓国への訪問が日本より先になったのも、単なるスケジュールの関係だったのも、既に米国政府は断言をしているのだ。つまり政治的な意味はないのだ。現に日韓関係修復のカギは韓国にある。2015年末の「慰安婦問題終結合意」は米国が仲介した上での合意だったのを忘れたか?(この人は、いつも韓国側の思考と一致してるが何かあるのか?)その件については、(韓国が)元米国大統領のオバマ氏の顔に泥を塗った形になっている。しかしながら、その辺の自覚がないから現在の韓国がある訳で、益々孤立化は避けられないだろう。

岸田内閣支持率61%、発足後最高
https://news.yahoo.co.jp/articles/5cc9954ad28e40c7c1faab363426a184ffaa48be
中国のガス田開発「一方的で認めることできない」 岸田首相が批判
https://www.asahi.com/articles/ASQ5P44BPQ5PUTFK002.html
防衛費、8割弱が「増やすべき」 毎日新聞世論調査
https://mainichi.jp/articles/20220521/k00/00m/010/168000c
林外相、北朝鮮コロナに支援必要「放っておけず」
https://www.sankei.com/article/20220522-7JMIFS2VHRKZBLXYOWECHNZWGI/
青木理氏、バイデン大統領が日本より先に韓国訪問は「日韓関係なんとかしろ…っていう問題意識」
https://hochi.news/articles/20220522-OHT1T51018.html
バイデン氏「台湾防衛に関与」 首相、G7広島開催伝える
https://www.sankei.com/article/20220523-HDEYSIOHVVJTPKMM467DRZLW2A/
フィフィ @FIFI_Egypt
https://twitter.com/FIFI_Egypt/status/1528416337609240576?s=19

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ