2020/1/27  18:48

たまには一冊  本の話

 今週は雨ばっかりです。今年は雪を見ることなく冬が終わるんでしょうか。積もると何かと大変やけど、やっぱ一度は白いの見たいよね。

 本を読む機会が減ってましてね。老眼が進んで、寝る前に小さい字を読むのが辛いのもあります。ソフトバンク携帯のおまけで雑誌が読めるのでスマホでオレンジページとかエッセとか眺めてから寝ます。そら本、売れんわなあ。宮沢賢治を読み返したりしてるとこ。賢治の独特な世界観に浸ってみたりします。天文学にも秀でてたので作品に出てくる星座の描写で何年の何月何日の事か分かるそうですよ。(宮沢賢治大ファンの長岡のM子ちゃん情報)
 おっちゃんは中学の国語の試験で「よだかの気持ちを書きなさい」(あのよだかの星ですね)という設問に「よだかではないからわからない」と書いたそうです。

 クリックすると元のサイズで表示します
 「ごんぎつね」と口にした瞬間に涙が出そうになります。「フランダースの犬」に反応するのと一緒ですね。自分が授業で習ったかどうかは忘れてしまいましたが、今は日本中の小学4年生の教科書に載っているそうです。少なくとも平成に入ってからは全教科書。上娘の時に泣け、3年後にまた下娘で泣くというね。

 兵十のおっかあが死ぬ前に食べたかったであろうウナギをいたずらで盗んでしまって、悪い事しちゃったなあと栗やまつたけを兵十のもとへ運ぶんですね。報われなくてもいい。兵十に喜んで欲しい。でもさでもさ、ちょっとだけボクが運んでることに気づいてほしいな、っていうその健気で可愛らしい気持ちがたまりません。無償の愛も尽くす愛も美しいけれど、ちょっぴりだけでいいから振り向いてっていう心根の切なさ。いろんなことに重なります。今回、初めて気づいた箇所が。ごんは栗を土間にそっとかためて置くんです。そう、バラッと投げ置くんじゃなくて固めて。ここ、ごんの気持ちやないですか?

 童話、大人こそ学ぶものがあるのかもしれません。宮沢賢治の次は新見南吉いくかな。



2020/2/3  18:49

投稿者:ミホ

>ミケネコさん
小学4年生が続きを書いたらそうなりますよね。可哀想で
死は受け入れられなくて。この一瞬につながる美しさって
いうんかな。奥深いです。読んで読んで〜。

2020/2/3  18:44

投稿者:ミホ

>ももかんさん
そうなんです!そうなんです!
ゴンは分かってもらったことが幸せだったんですねえ。ぜ
ひ読んでみてください。また違った感動ありますよ。
よだかの気持ち、66歳になっても分からなかったそうで
す。

2020/1/31  11:53

投稿者:ミケネコ

私も習いました。よく覚えています。この続きを書いてみましょう、とかあって「ゴンはけがをしただけで兵十になおしてもらいました」みたいに書いた覚えがあります。これは違いますね、と今思います。読みたいです。

2020/1/28  8:56

投稿者:ももかん

もう一つ。おっちゃんさん、スゴイです!

2020/1/28  8:54

投稿者:ももかん

ごんぎつね、国語で習いました。4年生だったのですね。あの頃、ごんは死んでしまってかわいそうと思っていましたが、ミホさんのブログを読んで改めてもっと深いところがあったのだな、と感じました。読んでおきたいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ