2020/2/19  18:37

wowowで一本  映画の話

 最近のおっちゃんはミホんち一の映画通とはいかんけど映画見、である。週に三本をこなし★などつけてチエック。Netflixとwowowを席巻中の日々。見る姿勢に難があるので字幕は読まず吹替版を探さないかんけど。★1.5とか平気でつける(「高速・参勤交代」とか「ラスト・ツアー」など)辛口派なんやけど、そのおっちゃんが★4つつけたのでまだ見てなかったワタクシ慌てていつか見ようと録画しといたDVDを出してきましたよ。

 クリックすると元のサイズで表示します

 「運び屋」 2018年 アメリカ ★★★★

 監督・主演 クリント・イーストウッド

 クリント・イーストウッドが自身の監督作では10年ぶりに銀幕復帰を果たして主演を務め、87歳の老人がひとりで大量のコカインを運んでいたという実際の報道記事をもとに、長年にわたり麻薬の運び屋をしていた孤独な老人の姿を描いたドラマ。

 90歳のアール(クリント・イーストウッド)は、家族をまったく顧みず花栽培の仕事と仲間と遊ぶことだけの毎日を送ってきた。とっくに妻や子とは疎遠になり、商売に失敗した果てに自宅を差し押さえられそうになる。そのとき、車で荷物を運ぶだけの仕事を持ち掛けられる。それを引き受け、何の疑いも抱かずに積み荷を受け取っては運搬するアールだったが、その仕事はメキシコ麻薬カルテルの運び屋であった。イーストウッド、70代と80代の老人をうまく演じ分け円熟味を感じます。

 Netflixではサスペンス部門に分類されているのだけど、私は家族ものに入れちゃったよ。胸打たれます。娘役が本当の娘であったとあとから知りました。映画のセリフだけど結構本気で言ってたんやないやろか。「あんたなんて私の卒業式も結婚式も何も知らなかった。知るつもりもなかった」「仕事っていえば全て許されると思っていた」と叫ぶシーン。絶対、若き日のイーストウッド忙しかったよね。妻も「傍にいて欲しい時にあなたは花を見つめ友達と賞を贈りあって喜んでいた」と静かに強く告げる。

 どん底に落ちた時(そんな経験のない人はもしも落ちたとして)その時に寄り添ってくれるのは誰なのかを自分の内に聞いてみよう。会社の上司はアドバイスをくれるだろう。「オレだってね…」の自慢話をつけて。昔の恋人は風の便りに「気の毒にな」くらいは思ってくれるだろう。しかし今日の予定の方が大事なはず。趣味の友人は心配してくれるだろう。でも24時間気にしてはくれない。さあ。

 その大切なはずの人のこと、あまりに近くて蔑ろにしてはいないのか。その人に苦労かけてもいい、我慢もしてもらっていい、泣かせることもあるかも。それでも傷つけることだけはしてはならない。絶対に傷つけてはならない。アールは気づくことができるのか。

 ああ、それにしても山田康雄さんが惜しまれる。90歳のイーストウッドを吹き替えてほしかった。吹替版を見るおっちゃんに誰が吹替しとった?と聞いたらルパンやったで、と言うんです。はー?と思ってちょっと見たらば確かにソックリ!多田野曜平さんって役者さんらしい。でも山田オタクとしては色気がまだやなあ。  



2020/3/18  19:54

投稿者:ミホ

>Kちゃん
ほんと、良かった!私、老後に(今?)見る映画をまとめ
てるDVDがあるんやけど、そこへもいれときました。

2020/3/18  19:52

投稿者:ミホ

>まっちゃん
そっかー。
「1917」によう行かんうちに映画館やばし状況になっちゃ
いました。wowow待ちかしら。
毎日、お疲れ様です。

2020/2/24  22:22

投稿者:k

あっ間違えた
一昨年でした

2020/2/24  22:20

投稿者:k

昨年三回映画館で観た
ちょっと涙出た そうだ!って何度も思った
昨年のベストワンですわたしには ははは🖕

2020/2/21  18:50

投稿者:シム・マツ子

『1917』観ましたよ…これはやっぱスクリーンで観らんといかん映画です。『パラサイト』と競ったのもわかる出来映えです!マツ子オススメ!!!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ