2006/6/21  19:52

ピヨちゃん  思い出話

 シーズン中に一度は食べたい♪隣に並んでたのは大粒で高かった。悩んで小粒の方。

 クリックすると元のサイズで表示します

 自転車の空気が抜けてて、家まで帰るのが面倒やったので、馴染みの自転車屋さんのおばちゃんとこへ。シュコシュコ入れてもらってたらそこへ社宅仲間のT畑さんが通りかかる。立ち話のあとで「あ、これ上げるわー」って。普通、歯ブラシを手提げに入れて歩くか?三本もらっちゃった。ああ、私つくづくジモッチー。

 日曜日の日記を読んだ上娘よりメール。「ピヨちゃんって飛んでったんやなかったと?」あれ?胸に手を当ててよ〜くよ〜く考えてみた。そ、そうやった。娘達を悲しませまいと一芝居うったんやったわー。

 「あーた達が遊びに行ってる間に急にパタパタしだして窓から飛んでったとよー」

 と言った。確かに言った。が、実は冷たくなったピヨちゃんを土に埋めて一人で葬式したんやった。当分はスズメの姿を見るたびに「あ、あれピヨちゃんやないとー?」とうるさかった娘達である。ごめんごめん。その度に心がチクチクしてたのに忘れとったよ。

 人間、墓場の中まで秘密を持ってく、ってのはなかなか難しいね。



2006/6/22  21:08

投稿者:ミホ

>ワカメちゃん
そーやろー、大泣きするもんねえ。テレビで動物死んでも泣くのに…。
さくらんぼさあ、ちょっと甘味が足らんかったよ。やっぱ大粒が。悔やまれる。

2006/6/22  10:10

投稿者:ワカメ

生き物が死んじゃうと子供って本当に力いっぱい泣くからねえ。うちも犬が死んだときに、当時幼稚園の息子が泣いた、泣いた。ぴよちゃんも幸せだったわよー。

あ、さくらんぼ食べたい。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ