2006/6/23  20:03

今週の一本  映画の話

 K嶋さんにチケットをもらったのでT浦さんと雨の中でかける。隣で「ダヴィンチコード」もやってたけど、ガラッとしてたよ。ま、大雨の平日やからね。

 クリックすると元のサイズで表示します


 「インサイドマン」 2006年 米国 ★★★と半分

 監督 スパイク・リー
 主演 デンゼル・ワシントン クライブ・オーエン


 ニューヨークはマンハッタン信託銀行の前に停まった車から降り立ったジャンプスーツ姿の数名の男女。彼らは銀行の中へと進み、銀行内にいた従業員と客を人質に行動開始。

 犯人グループはリーダー(クライブ・オーウェン)以外に3人。互いに似通った名前で呼び合う。おまけに同じ姿にマスクとサングラス。誰が誰だか。そのうえ、人質にも全員ジャンプスーツと覆面を着用させる。これでますます誰が誰だか。

 急報を受けた、NY市警のフレイジャー(デンゼル・ワシントン)は交渉役に指名され現場に駆けつけ、犯人との交渉を始めるが。さてその行方や。

 リー監督、あーた「ルパン三世を何度も見たろう?」と思ってしまったよ。(注:私が<ルパン三世>と言うときには旧作の方ね。山田康雄以外は認めてないので。そこんとこよろしく)これは原作本もあるようなので、そちらに忠実に作っているのかどうかは分からないんだけど。皆で同じ服着ちゃって、皆で倒れて誰が誰だよ、っていうパターンはルパンこそが得意としていた領域だな。

 ちょっと小粋な犯罪物、にシリアスな問題もからまってそこはかみ合わせがむつかしいけど、楽しい128分。


 玉ちゃん!!!ようやった!!!値千金!!!ついてくよっ!!!



2006/6/24  20:24

投稿者:ミホ

>おそめさん
ありがとうございました〜。
<ルパン三世>だいっ好きです。ファン歴33年ですからねー。え?まだ生まれてなかった?

2006/6/23  23:22

投稿者:おそめ

きゃー、私のコメントでブログ書いていただけるなんて!嬉しいです。おもしろい教頭先生ですね。
「インサイドマン」は「ダヴィンチコード」よりも面白いと書いてあるのをどこかで読みましたよ。行ってみようかな。
ルパンがお好きなんですねー。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ