2006/11/22  20:14

今週の一冊  本の話

  昨晩から三食連続でカレーを食べました。当分、いりません。一食分は冷凍して、来週の留守用おっちゃんご飯に回します。しばらく出かける前は忙しいわね。

  クリックすると元のサイズで表示します

 「彼女のこんだて帖」  角田光代

 出版元のベターホーム協会は全国で料理教室を展開していることで有名である。そのベターホームと角田光代がタッグを組んだ作品だ。つまりは15編の小説すべてに料理が登場し、その作り方が各編のあとに写真入りで掲載されている。

 大好きな角田さん+おいしそうなお料理にきれいな写真。楽しくないわけがない。装丁も可愛いので、クリスマスに本をプレゼントしたいと思っている方にはとてもお勧めだ。問題はページを開いたままで分量を見ながら作ると本が汚れるってことだわ。

 料理っちゃ、すごい。と改めて思う。悲しい時、うれしい時、寂しい時、誰かを思い出す時、おしゃべりする時、いつも私たちは料理と共にいないだろうか。何てたって、この料理で人間生きているんだよ。すごいよね。そう考えれば、おろそかにはできないことだよねー。たまに手抜きをしたとしても。いや、<私は愛で生きているのよ>という向きもあろうが…。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ