2008/2/27  19:46

羽生先生  日々のいろいろ

 クリックすると元のサイズで表示します

 昨晩のNHK<プロフェッショナル仕事の流儀>は、プロ棋士・羽生善治王座・王将の2006年の再放送を流していた。羽生王将のことをおっちゃんは長年、羽生先生とよび心の師匠として一方的に慕っているわけである。それにひきかえT川のヤツとかアホの○○(書けない)などはミソカス。

 いつもなら10時にはベッドに入るけど、好きなものならちゃんと最後まで見れるんじゃん。一言一言に感じ入っては「ほらっ、メモしときやー。さすがやなあ」とうるさい。自分でしときなさい。

 「はいはい、頭に刻み込んどるよ」といなしておいたが、「才能とは継続する努力を続けること」というのは頭に残っちゃった。ほんまやねえ。何かをちょっとやってみるのは簡単なこと。それを長い長い長い時間続けて生きていくってすごい。〜をし続けるのはたしかに才能だね。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ