PIC AVR 工作室 ブログ

「PIC AVR 工作室」サイトの日記的なブログです。
サイトに挙げなかった他愛ないことを日記的に書き残してます。

 
クリックで「PIC AVR 工作室」topに戻ります。
クリックで「PIC AVR 工作室 arduino別館」topに戻ります。

 

PIC AVR 工作室 掲示板

 

カレンダー

2019年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

 

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nekosan
ユーザプログラム側でなにか利用に制限が出ないなら、とりあえず安心ですね。

TimerOneライブラリ、よく使ってるんですけど、そのあたりとかに。

以前調べてみた範囲では、millisとかdelayとかはTimer0を使ってるので、時間管理とかには影響ないはずだろうと思うんですが、analogWriteとtimer1の関係なんかはあまりよく調べてなかったので…
ブートローダーでのタイマー1、RUNしているぞというだけのことで、外には出てきませんし、ユーザープログラムの実行時にはリセット状態になるので影響はありません。

タイマー0と違って、ユーザー側でタイマー1は自由に使えます。


http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-74f2bb.html
投稿者:nekosan
情報ありがとうございます。

D13番ピンは、以前、何かを作ろうと思って、ピン数が足りなくてD13使おうと思って、回路を追ってみたんですが、LEDと抵抗が繋がってるし、きっと入力で使うのに適さないものなんだろうと思って、入力端子の選択肢から対象外として考え、それっきりになってしまいました。

抵抗とLEDだけじゃなく、始動時に出力端子に切り替わる時間があるんですね。

あと、出力ピンとして使うときも、へんな信号で誤動作起きる回路とは接続できないということですね。なるほど。

なお、具体的にD13を入力で使ったらダメという情報は、見た記憶がなかったですね。UnoだったかDuemilanoveだかの回路を自分で追ってみて、汎用には使えないんだろうな、と思ったところで、考えるのを諦めてしまいました。

タイマー1って、Arduino内部で使ってるんですか!タイマー0しか使ってないと思ってました。
(タイマー1は、別途割り込み用ライブラリ読み込んで勝手に使いまくったりしてました)
PWM関係でしょうかね?
Arduino(UNO)のPB5ポート(デジタル入出力13)についての注意点をまとめておきました。
ある意味(誰でも使う可能性あり)、Arefの話より重大かと・・・
私自身、使い始めの頃に失敗してますんで。

http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-74f2bb.html

・ArduinoのPB5は入力でつかったらあかん
・出力で使うときも要注意
というお話です。
これ、ネットを探しても注意を喚起する情報が見つからないのです。
  ※もし、この情報があればご教示を。


http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2019/04/post-74f2bb.html
投稿者:nekosan
当時私も、Arduinoとの出会いは、変なコネクタだな、でしたね。なんであんな中途半端にずらしてあるんだろう?と。既存のボード類とは互換性もないし…と。

で、考えて思ったのは、上下反対挿しが物理的にできないということではないか?と。電子工作初心者や、「アート目的」の技術者ではない人でも、安心して使えるように…

と考えたときに、このピン配置の「フールプルーフ」といい、ポートのSFR直叩きじゃなく、digitalReadやdigitalWriteでは端子番号で入出力するような言語使用といい、処理効率より、徹底して初心者でも使いやすくという意図を感じました。
それはそれで、仕様で大抵のことは実現できるだろうし、使いやすいし、試行錯誤しやすそう。おもしろいな、こういう方向の設計哲学はと。

で、なんか興味を持って、色々弄り始めたという感じでしたね。

トラ技に沢山記事書かれているんですね。さすがです。
私の場合、Arduinoの初体験が2012年12月。
http://act-ele.c.ooco.jp/blogroot/igarage/article/3192.html
だもんで、これより前のことは不案内です。

『なんて発音するんや〜?』からスタートしましたんで。
そして、ずれたピッチのコネクタのおかげでユニバーサル基板に素直に乗せられない構造に怒り、「イケズ美人」と表現。
http://act-ele.c.ooco.jp/blogroot/igarage/article/3197.html

こんなところがArduinoとの出会いです。

その後、トラ技にArduinoの応用記事をいくつか投稿しています。
  (著者 下間が私)
https://toragi.cqpub.co.jp/tabid/664/Default.aspx
https://toragi.cqpub.co.jp/tabid/730/Default.aspx
https://toragi.cqpub.co.jp/tabid/741/Default.aspx


http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-e8b3.html
投稿者:nekosan
情報ありがとうございます。プログラム自体も、当初から今の状態だったんですね。

私のArduinoのwebページに記載した当時は、当時のブログ記事を追ってみたところ、IDEは0011を使っていたころのようです。なので多分、当時も今と同じソースになっていたようですね。

もしかしたら、お騒がせネタを書いてしまっていたのかもしれません。だとしたらすみません。そのあたりも含めて私のArduinoサイトのページの内容を直しておきたいと思います。

ただ、公式analogReference()ページの記述は、以前とは変わっているような気がするんですよね。

「Don’t use anything less than 0V or more than 5V for external reference voltage on the AREF pin! If you’re using an external reference on the AREF pin, you must set the analog reference to EXTERNAL before calling analogRead().」

という記述はなんとなく記憶がなく、あと、最後の行の、

「The two act as a voltage divider, so, for example, 2.5V applied through the resistor will yield 2.5 * 32 / (32 + 5) = ~2.2V at the AREF pin.」

の計算式なども、当時は無かったと思うんですよね。5kとか結構大きい抵抗繋いでしまって、微小な誤差が出ちゃうこと前提でってことなのかなぁ?と、当時モヤモヤしていた記憶が残っています。

当時中途半端に翻訳して、それを中途半端に記憶しているのかもしれないですが…
(あと、公式ブログかどこかのコミュニティーでも、ショートする云々について会話されていた記憶があるのですが、探しなおしてみたところ、見つかりませんでした)

なんにしても、最新の正しい情報にアップデートしておかないとまずいので、時間とって直しておきたいと思います。
私のブログ記事に追記しましたが、Arduinoの古いソースを見ても、AREFに関する処理は昔も今も変わっていません。

ということから、AREF端子への外部基準電圧接続、バージョンアップで使えるようになったというより、analogRead()とanalogReference()の勘違いが原因で衝突が起きていたのじゃないかと推測しています。


http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-e8b3.html
投稿者:nekosan
居酒屋ガレージさん、ありがとうございます。
現在のAREF端子は、保護抵抗不要で使えるということが理解できました。
時間が取れたら、私のwebサイトとブログ記事について、補記しておきたいと思います。
古い記事へのコメントですが・・・
ArduinoのAREFピン、外部基準電圧を使っても衝突しないように出来ています。
ここにまとめておきました。
http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-e8b3.html


http://igarage.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-e8b3.html
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ