PIC AVR 工作室 ブログ

「PIC AVR 工作室」サイトの日記的なブログです。
サイトに挙げなかった他愛ないことを日記的に書き残してます。

 
クリックで「PIC AVR 工作室」topに戻ります。
クリックで「PIC AVR 工作室 arduino別館」topに戻ります。

 

PIC AVR 工作室 掲示板

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

 

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nekosan
もあさん、情報ありがとうございます。

うーん、やはり先人がいらっしゃたんですか…

デモ曲聴いてみましたが、MIDIフォーマットで直接マイコンに譜面データを入力してこんな風に音楽が出ると言うことなしですねぇ。こんなに本格的なことは考えてませんでした…。

リバーブまで対応してるんですねぇ。


音色としてはサンプリングレートが16kと低いせいか、高音が鈍いと言うか、倍音成分がちょっと不明瞭な感じ。(外部のLPFにも因るかとは思いますが)
もちろん、矩形波とは比較にならない表現力なのは言うまでもありません。とてもマイコン1個とは思えないレベル。

三角関数はやはりROM上にテーブルを作って参照しているようですが、それでも16kくらいが限界なんでしょうかねぇ?出来るなら44.1k、せめて40k程度まで上げられれば、人間の可聴範囲が表現できるのに…
win−avrを使っているからなのでしょうかね?

オール機械語ならもっといけるのかも…(と妄想)

それにしても、既存の仕様に合わせる事で、音色エディターとかが流用できると言うのはいいですね。標準化って、やっぱ大事です。応用範囲を広げるならやっぱり標準化に則らないと。

akaiのMIDI音源とYAMAHAのMIDIマスターキーボードを持っているんですが、これまで内部の信号フォーマットがどうなっているのか考えたことがありませんでした。(とりあえず繋げば音がでるんだろう…的な)

時間が出来たら、MIDIについて少し勉強してみたいと思います。

そういえばdsPICシリーズを使えば、こういうことって簡単にできちゃうんでしょうかね?
投稿者:もあ
AVRだけでFM音源を作っている人もいます。
http://www.geocities.jp/pcm1723/
(ATMega168版)
サンプリングレート16kHzですが、同時2音くらいは出るようです。


http://web.mac.com/kuwatay/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ