PIC AVR 工作室 ブログ

「PIC AVR 工作室」サイトの日記的なブログです。
サイトに挙げなかった他愛ないことを日記的に書き残してます。

 
クリックで「PIC AVR 工作室」topに戻ります。
クリックで「PIC AVR 工作室 arduino別館」topに戻ります。

 

PIC AVR 工作室 掲示板

 

カレンダー

2020年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

 

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nekosan
この継手、型番(サイズ)が一緒でも、中までチューブを通せるものと通せないものがあるんですね。
私が入手したものは、途中で狭くなってて、スムーザーが無いとダメなので、残念です。

この継手を使う上で、保管時にこの継手の穴をどう塞ぐのかをちょっと悩んでいます。
チューブを取って4mmの何かを詰めておくのか、チューブ付けたまま2oの何かを付けておくのか、それともフィラメントが入っている間は空気が出入りしないから、使用時に先端だけ切り落とす程度でいいのか。
投稿者:seventh
フィラメントの削れについては4mm貫通穴のPC4-M6継ぎ手を使えばPTFEチューブをそのままボックス内に通せるのでスムーザー無くても大丈夫です。同じ名前で内径の違う継ぎ手が売ってますがプラ部分が黒いものは貫通タイプのことが多いみたいです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ