線路端のブログ

高架化されても、高いフェンスに遮られても、やっぱり線路端が好き・・・。

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:senrobata
らすかる さん
「鉄道郵便局」懐かしい名前ですね。郵便車の乗務員は鉄道郵便局の職員でした。信越線だと東京−直江津間に郵便線路があったと記憶しています。

途中下車さん
ありがとうございます。
これを撮りながら、以前拝見した貴兄のカットが脳裏をよぎりました〜。
投稿者:鈴木@途中下車
特徴ある側面がよくわかる2枚目、お見事です。塗装車の光沢はいいですね。
投稿者:らすかる
こんばんは。

荷電併結の列車は、昔よく見ましたね。
鉄道に興味を持つようになる前、信越線の鈍行にクモユニがくっついているのを見て、新型の電車なのかはたまた少し前に走っていた70系の仲間なのか、と疑問に思っていました。
駅員さんとお話しする機会があったときにお聞きしたら、郵便物などを運ぶ車両だと教わって、なるほどと思いました。

私の最寄りの国鉄の駅は鉄道郵便局も近くにありました。
田舎の祖母から送られた小包を受け取りに行ったのも懐かしく思い出します。

http://rascalsuzuka.blog11.fc2.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ