線路端のブログ

高架化されても、高いフェンスに遮られても、やっぱり線路端が好き・・・。

 

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:senrobata
なるほど、そう言った意味の中間補機ですか。

メカのことは良く分かりませんが、総括制御って直接連結されているものと思っていました。制御に係るケーブルの引き通しはどうなっているのでしょう。
ブレーキのケーブルと一緒になっているのでしょうかね。
投稿者:鈴木@途中下車
総括制御のようです。ブレーキをかけた際、編成が長大なので先頭から順に効いて行くと時間がかかるので、中間補機があるとそこからも効き始めるので有利とのこと。
投稿者:senrobata
そうなんですか!知らなかったです。
超長大編成で山脈越えの勾配区間を延々と登るには、動力を分散したほうが良いのでしょうか。

列車の制御は、ドライバー同士が無線でのやり取りで呼吸を合わせるのかな。
投稿者:鈴木@途中下車
アメリカの貨物列車には中間補機がありますよね。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ