線路端のブログ

高架化されても、高いフェンスに遮られても、やっぱり線路端が好き・・・。

 

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:senrobata
 そうですね都5000は京急車と比べて楚々とした印象でした。
 ただ、走りも楚々としていて、高加減速は三社共通仕様を満たしていたのでしょうが、高速域はアップアップの印象がありました。90km/hくらいになると、「もうこれ以上だめ〜」とモーターが唸っていました。

 「神奈川新町」とは未来の先取りだったかな。京急の方向板の時代は幕と同じで文庫、八景、川崎、逗子等の標記でしたから、多分「新町」もあったと思います。
 なお、この「神奈川新町」の板は、オレンジ地に黒文字でした。
投稿者:鈴木@途中下車
都営の5000系、派手さはないけどスタイル、塗装とも好きな電車でした。
230の入庫運用は貴重なカットですね。前サボは「新町」ではなく「神奈川新町」なんですね。略して書くようになったのは幕になってから?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ