線路端のブログ

高架化されても、高いフェンスに遮られても、やっぱり線路端が好き・・・。

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:senrobata
831列車さん
当方も実際に立ち寄ったことが無いので実感を述べることは出来ませんが、仰るとおりの思想でしょうね。
「フリースペース」といういかにも日本的発想で、結果としてはどっちつかずの中途半端になっているように思いますね。

それとも当時の設計思想として、これが精一杯の旅客サービスだったのでしょうかね。(だとしたら御免なさいだけど)


投稿者:831列車
ナハネフ22の最後尾って一応「展望車」だったのですかね。全室車掌室にするよりせっかくだから半分にして後部の展望をお客様に楽しんでもらおう、とフリースペースにしたのでしょうか。「だけど椅子とか置いて長時間いられても困るからなあ、まあ灰皿だけは安全のため設置しておくか」ってお金かけずに設計したんでしょうか?
車掌さんの作業兼用なので展望側の側窓も開閉できたのが夜風に当たるのに最適で思わぬ効果でしたね。

http://c5793.ebo-shi.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ