線路端のブログ

高架化されても、高いフェンスに遮られても、やっぱり線路端が好き・・・。

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

過去ログ

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:senrobata
名無しの電車区さん
コメントありがとうございます。

 そうですね、800にしても2000にしても、開発目的というか使用目的がはっきりしていましたから、コンセプトも明確でした。

 それが、今の時代では万能形が求められますので、普通列車専用とか特急列車専用、都営線乗り入れ対応なし、というと肩身の狭いものとなってしまいます。

 時代の流れとは言え、特徴的な車両が生まれ難くなっていますね。
















投稿者:名無し野電車区
京急800形電車が誕生したのは僕がまだ6歳の頃でした。その当時は斬新なタイプに熱狂していました。しかし、月日は流れ次々に新形式が誕生してあれから30数年経ち旧1000形が引退して800形は最古参となりました。京急のこれからの展望を見てみると…、飛行機空港線や都心乗り入れの増発が見込まれ8両編成の増発のため1000形の増備が困難なため、1度は6両編成に組み替えられた1500形も再度8両編成に組み替え改造を施すかも知れません。もしそういう展開になったら、飛行機空港線や都心乗り入れに適していない800形・2000形電車が一気に引退して行きそうですね。
投稿者:senrobata
Scanoさん
そうですね、昨年の雨の日でした。あれから1年・・・、ホント月日の経つのは〜です。(笑)

私も同感で、あの塗り分けは2000系のほうが強く感じます。でもアルバムを見返したら、2000系登場時はまだ800もこの塗り分けのままだったのですね。あれから幾星霜、今では2000さえ寂しい塗り分けになっていて、時の経過を感じてます。

http://brown.ap.teacup.com/senrobata/
投稿者:Scano
こんばんは。
ご無沙汰してしまいました。
お会いしたのは、ちょうど去年の6月でしたね。
月日が経つのは〜というあのフレーズですね。

800形の貴重なお写真を拝見できて嬉しくなります。
この塗装はかっこいいですよね。
ただ、私はどうも2000の快速特急をイメージしてしまいます(^^;)
あと、線路の周りの街並みも興味深いですね。

http://letrain.blog38.fc2.com/
投稿者:senrobata
途中下車さん
そうですよね復活すると嬉しいですよね。
でも、かえって紛らわしくなってしまうかも・・・。

らすかる さん
「ダルマさん」の呼び名は最近になって知りました。800の前面をじっと眺めて初めて「ああ達磨顔か」と気付いたくらいです。(笑)

http://brown.ap.teacup.com/senrobata/
投稿者:らすかる
こんばんは。

あれま、800形も廃車発生ですか。
登場したころは、前面デザインと塗装から、「ダルマさん」とも呼ばれていましたね。
関東の電車にしては洒落ていて、華のある電車でした。

どうも、ステンレス製の新1000形は「京急」という感じが今一つしないんですよね。

http://rascalsuzuka.blog11.fc2.com/
投稿者:鈴木@途中下車
1000形6連が2本投入されたので近いうちにとは思っていたのですが、いよいよ廃車がはじまりましたか。
デビュー当時の窓周り白の塗装はかっこよかったですよね。全廃の前に復活してくれないかなぁ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ