スウェッジアンドケイはジャンクガーデンを専門にガーデン工事を承っております♪
またアンティーク風のデザインにこだわった外構工事もご好評いただいております。

こちらの施工例集では各地のお客様のお宅での施工の様子と、
そのコンセプトやプラン、こだわりについて説明しています。
ぜひ皆様のご参考にしていただければと思います♪




*施工で使われているアイテムについては以下店舗にて扱っております。

<ナコリ!アンティーク>愛知県常滑市長峰四ノ切7-7 0569-36-1355
・脚立や車輪など古道具
・ジャンク雑貨AYUMiさんハンドメイド雑貨
・ドラムカンパラダイスさんのドラム缶、BBQコンロ

<スウェッジアンドケイ>愛知県半田市板山町13-4-1 0569-20-5588
・各種メーカー雑貨類、鉢など
・苗類


*その他*
<デザインブース スウェッジアンドケイ>ナコリ!アンティーク内
・デザインやプランに関する事など

<製作工房>愛知県半田市
・ガーデンフェンスや棚などオリジナルアイテムの製造など

2015/4/8

N様の外構と植栽(常滑市)  外構〜ガーデニング

地元常滑市のN様のお宅にて

駐車場、アプローチ、板塀、植栽の工事をさせて頂きました






「外構工事は住んでから考える」がモットーの我が社。笑



作ってしまった外構に合わせた生活、

ちょっと難儀してもそれに慣れてしまうとか

なるべく避けて頂きたい


お家を建てる時は

間取りなど

生活の導線を

細部まで悩んで悩んで決めていらっしゃるはずなのに


何故か外構は業者さん任せ。


業者さんが必要と言う物、

それを信じ

カタログから選ぶ。

せいぜいショールームへ行って実物を見る程度。。。







偏見ではなく

そんなお客様の多い事。


痛感しています。




そして住んでみて

「要らなかったのでは・・・?」

「通りにくい・・・」

などなど

結果として

不満とまではいかないものの

ちょっとしたしこりが残っていらっしゃる。

その時は新築の勢いで

価格もマヒしていてそんなに高く感じなかったとか

お家につぎ込み過ぎて外構までお金が回らなかったとか

ちょくちょく耳にします。


その度に同じ業者として

寂しい思いをします


心から喜んで頂けるよう

どの業者さんも頑張ってるはずなのに

実際には

そんなに満足はしていない事が多いようです。

ちょっとした不満と言うのは

直接おっしゃって下さらないので

耳にも届かない。

私たちもふと心配になる一瞬です。



だから



外構は住んでから。

必要な物だけにこだわりを。




そんなモットーを掲げています



もちろん

新築時にご予算を残していただく事を

強くお勧め、いや、お願いいたしますが。笑





と言う事から今回のN様にはしばらく住んで頂きました。




ご相談頂いたのが2012年の秋頃。

これから新築と言う時期だったと思いますが

同じお話をさせて頂き

外構は住んでみてから決める事にして頂きました。

そして翌年2013年の春無事お引渡し。

それから約1年半の間外構工事をせず

少し不便をして頂きながら

暮らしていただきました。

2014年10月、ご自宅での生活にも慣れ

毎日の導線も決まり

日々不便を感じる事などをお聞かせいただきました。


その不便を解決する事を大前提に、

かつ、お洒落で可愛い外構工事のプランニングに入りました。


折角ここまで我慢して頂いたので

焦ることなく

たっぷり時間を掛け

2015年春、ようやく工事となりました。



実に最初のお話から2年半です




これは極端な例かもしれませんが

これくらい時間を掛けても

決して悪い事ではないと思います。




これからお家を建てられると言う方は

ぜひ参考になさってくださいね





それでは

N様のお宅の完了の様子をご覧ください


(すみません。。施工前の写真が行方不明になりました)


N様のお宅はいわゆる「旗竿地」

道路から細い通路を通った奥に広がる土地に建っています。



しかもこの地元ならではの昔ながらの風習により

立地に関係なく「南玄関」となっているため

敷地の手前に建物が建ち、

建物の裏側から横を通って、振り向いての玄関となります。

分かりにくいですか?^_^;


こんなイメージ。
クリックすると元のサイズで表示します




従って、建物横がアプローチ兼駐車場となります。

このようになりました

自画自賛ですがとても可愛い仕上がりに
クリックすると元のサイズで表示します







インターホンや表札、ポストなどをまとめた

「門壁」をどこに設置するかは

敷地の入口に立てるか

それとも玄関付近に立てるか

と、普段悩むところなのですが



今回N様の一番のお悩みが

「表札が無いので家が分かりにくい

「玄関が見えないので入口がどこか分かりにくい

と言う事でしたので

即決で敷地入口側に立てる事に

もうこれで誰も迷わないはずです


と言う訳で得意のウッドフェンス調の門壁にまとめました♪

今回もAYUMiさんの雑貨が効いています
クリックすると元のサイズで表示します





そして奥様の強いご希望により

駐車場は建物際までコンクリーで固めず

植栽のスペースとして土を残しました。

駐車スペース確保の都合上

あまり幅は取れませんでしたが

これだけ奥に長ければやりがいもありますね

手前に幼稚園椅子やピックなどボリュームをもたせ

奥の方をシンプルにする事で

お家を離れて見た時の全景の重さバランスを取り

さらなる奥行き感の演出を
クリックすると元のサイズで表示します




この植栽には

「連続するディスプレイ」を採用しています。



細い花壇と言うのは

ただ均等にお花を並べて植えられているのをよく見かけますが

より動きを出すためには工夫が必要です。


連続するディスプレイと言うのは

ある一定のリズムを持って

物を配置する事ですが

一定と言っても等間隔ばかりではありません。


密植と隙間の繰り返し。

ボリュームの強弱。

そこにアクセントとして雑貨を加えています。




さらに左右への動きも大切に―。


次の画像の通り

門壁に視点を置いた時、

視線は門壁右奥の勝手口に繋がるレンガアプローチ側に。

門壁の右後ろにオリーブを植え、

さらに大きく右側に視線が注がれますね。

これが「ボリューム最大」の状態。

そして反動により一気に左へ視線を流します。

その時、門壁の左下に顔を出した花から順番に

先ほど説明しましたリズムで奥へとディスプレイが続きます。

右へ大きく左へ長くです。

分かりにくいですが。笑



アイキャッチとなる雑貨や背のある花は

すべてこちら側を向くように配置しています。
クリックすると元のサイズで表示します






今回は大きなガーデン工事ではないので

あまりたくさんの雑貨は飾っていませんが

小さな二人のお子様をイメージして

椅子は2脚仲良く並べました
クリックすると元のサイズで表示します








次に駐車場ですが

得意のアンティーク調に。

ところどころ割れて顔を出した風に演出したレンガが

アンティーク感をより一層高めますね

右の花壇と左のスリットに植えたグリーンが

生長するにつれて

さらにアンティークっぽくなります
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します




途中の横スリットには

化粧砂利とレンガと植物を。

アクセントにクルミを入れました
クリックすると元のサイズで表示します






今回の工事はここまでとなります。




まとめ・・・



水はけの悪さから歩きにくかったアプローチは

駐車場も兼ねてレンガとコンクリートに。



門壁が唐突になり過ぎないようにと言う事も合わせて

アプローチはイレギュラーですが勝手口に伸ばしました。

これによりコストカット出来た事と

郵便受けには勝手口から行くことが出来ます。

もちろんゴミ出しも勝手口からアプローチを通って行けます。



インターホンを敷地入口側にしたことで

招かれざる訪問客に対して気を使う事も無くなりそうです。







N様のお悩みを解消し

お洒落で可愛く仕上がったと自負しています






ひとつひとつ考えて組み上げるのがデザインの仕事だと思うのですが

だからと言って机上から自然に生まれる物でもありません。


色んな物を見て、聞いて、触って、経験して、

すべてを大切に引出しへしまい、

お客様との対話や

現場の環境や空気に触れ

あちこちの引き出しを開いて組み合わせるのが

デザインワークだとするならば

この引き出しの数と

柔軟に組み合わせる発想こそが

デザインを生業とする者にとって一番大切だと言う事を

こうした工事のたびに身をもって感じます。



これからもいろんな経験をして

引き出しを増やす事

常識を踏まえた上で

なお常識に囚われない発想を

常に意識して頑張りたいと思います。





そしてそれが皆さんのお役に立てれば

それほど素敵な事はありません










***最後に


N様、長い間お付き合いくださり

本当にありがとうございました。

ご家族の幸せの背景になれるような

そんなお役に立てる外構になっていれば幸いです。


N様、まだ広いお庭が残っていますから(笑)

また呼んでくださいね!


お待ちしています♪







*ガーデニングに対する皆様からのお問合わせをお待ちしております*
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 花ブログ ジャンクガーデンへ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ