スウェッジアンドケイはジャンクガーデンを専門にガーデン工事を承っております♪
またアンティーク風のデザインにこだわった外構工事もご好評いただいております。

こちらの施工例集では各地のお客様のお宅での施工の様子と、
そのコンセプトやプラン、こだわりについて説明しています。
ぜひ皆様のご参考にしていただければと思います♪




*施工で使われているアイテムについては以下店舗にて扱っております。

<ナコリ!アンティーク>愛知県常滑市長峰四ノ切7-7 0569-36-1355
・脚立や車輪など古道具
・ジャンク雑貨AYUMiさんハンドメイド雑貨
・ドラムカンパラダイスさんのドラム缶、BBQコンロ

<スウェッジアンドケイ>愛知県半田市板山町13-4-1 0569-20-5588
・各種メーカー雑貨類、鉢など
・苗類


*その他*
<デザインブース スウェッジアンドケイ>ナコリ!アンティーク内
・デザインやプランに関する事など

<製作工房>愛知県半田市
・ガーデンフェンスや棚などオリジナルアイテムの製造など

2019/2/12

H様のお庭(半田市)  外構〜ガーデニング

今回施工させて頂いたのは
地元半田市のH様のお宅。
玄関前花壇のリニューアル工事です♪


【BEFORE】
びっくりするほど立派に育ったシルバープリペットや
モッコウバラ、サクラなど
言ってみれば目指すべき理想の姿なのですが
面積的に無理があると言うのが今回の問題点。
お隣にもご迷惑が掛かりますし
お手入れも大変です。
クリックすると元のサイズで表示します

斜めに敷き詰めたレンガと
お手製の花壇は見るからに根っこで大変な事に。。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



出来る限りそのお家にある樹木は生かしたいと言うのが
我が社のモットーではあるのですが
今回はお施主様の強いご希望もあり
撤去の道を選ぶ事に。
残念ではありますが仕方ありませんね。
生活に支障をきたすようではいけませんから。



【解体・抜根・撤去】
重機を使っての大工事となりましたが
無事整地も終わって。
クリックすると元のサイズで表示します

すっきりしてしまいちょっと寂しいですが。。
クリックすると元のサイズで表示します



【ブロック工事・フェンス工事】
目隠しや、境界など色々な意味を持つフェンスですが
お庭の背景としても重要な役割をもちます。
今回は耐久性を一番に考え、樹脂フェンスに。
デザイン性や施工の効率なども考慮し最善だと思える物を選びました。
もちろんお宅の雰囲気や、日々の暮らしの事も考えると
やっぱり明るくなるのが一番良いと考えホワイトのフェンスに。
クリックすると元のサイズで表示します

様々な理由で既存のフェンスの撤去や
ブロックの使い回しをやめ、新たにブロック積みから施工。
クリックすると元のサイズで表示します

そして個人的にはこのギザギザになった
レンガのエンド部分が気になります。
この後のガーデン工事にてなんとか解消したいと思います♪


【ガーデン工事〜完了】
とても明るくナチュラルな感じのジャンクガーデンになりました♪
クリックすると元のサイズで表示します

まずいつもと違うのは「植樹」がない事。
通常ならここにオリーブを合わせるのが我が社の定番。
しかしお施主様の意向を一番に考え「木の無い工事」となりました。
クリックすると元のサイズで表示します


足元のロックガーデンは健在です♪
「作られた感」を出さないために色々工夫しています。
クリックすると元のサイズで表示します


今回は特に爽やかなジャンクを目指したので
脚立もランタンもブルーで。
クリックすると元のサイズで表示します


茶色く錆びた脚立も好きなのですが
白い背景とブルーの脚立、そして車輪のバランスが
とても上手くいって気に入っています♪
クリックすると元のサイズで表示します


車輪から右へプレート類をリズム良く配置し
下へ落とし込んだところにテーブルを。
適当な場所に雑貨を設置するのではなく
導線とリズムを意識するのがポイントです。
クリックすると元のサイズで表示します


SINGERのミシン脚を使ったテーブル。
天板を大き目に制作したのでまだまだ置けますね♪
クリックすると元のサイズで表示します


木箱の中に多肉の寄せ植えを。
両方ともブルー系のAYUMiさんの作品を器にして統一感を。
クリックすると元のサイズで表示します

ジャンク雑貨AYUMiさんの作品
いつも通りたくさん使わせて頂きました♪
クリックすると元のサイズで表示します


そして先ほども延べましたように
レンガのギザギザは化粧砂利でぼかして。
自然な雰囲気が出ました。
クリックすると元のサイズで表示します


今回は花壇からお庭へのリニューアルでしたので
奥行きもあまり無く
どうやってボリュームを出すかがもう一つの課題でした。
当然いつもの回遊路も作れませんでしたが
この流れるような化粧砂利の配置にとても満足しています!
脚立の下をくぐって奥へ繋がると言う新しい試み。
蛇行する砂利道によって奥行き感も出せたのではないかと思います♪
クリックすると元のサイズで表示します



以上です♪


いかがでしたか?
どんな工事でもそうなのですが
初めてその現場を見た時は
どうなるんだろう〜と言う不安があります。
それよりも必ずワクワク感の方が勝るので気にはしていませんが
やっぱりその不安って大事なんじゃないかと思うんです。
何の不安も無く当たり前に工事をするのではなく
不安を取り除くためにひとつ一つ慎重に考える事で
より良い工事が出来るのだと思います。
ボクらの不安よりお施主様の不安の方が大きいのは当たり前です。
一応プロですので不安なそぶりは見せませんが(笑)
いつも少し不安を抱えています。
それぐらいで丁度いいと考えます。




最後に、H様。
今回はありがとうございました。
準備やら何やら大変お時間を頂き
お待たせしてしまい申し訳ございません。
これからは明るくなったお庭で
存分に楽しんでください♪
いつでもお邪魔しますので
何かあれば呼んでくださいね( ´∀`)ノ






*外構・ガーデン工事に関する皆様からのお問合わせをお待ちしております*
にほんブログ村 花ブログ ガーデニングへ にほんブログ村 花ブログ ナチュラルガーデンへ にほんブログ村 花ブログ ジャンクガーデンへ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ