スウェッジアンドケイはジャンクガーデンを専門にガーデン工事を承っております♪
またアンティーク風のデザインにこだわった外構工事もご好評いただいております。

こちらの施工例集では各地のお客様のお宅での施工の様子と、
そのコンセプトやプラン、こだわりについて説明しています。
ぜひ皆様のご参考にしていただければと思います♪




*施工で使われているアイテムについては以下店舗にて扱っております。

<ナコリ!アンティーク>愛知県常滑市長峰四ノ切7-7 0569-36-1355
・脚立や車輪など古道具
・ジャンク雑貨AYUMiさんハンドメイド雑貨
・ドラムカンパラダイスさんのドラム缶、BBQコンロ

<スウェッジアンドケイ>愛知県半田市板山町13-4-1 0569-20-5588
・各種メーカー雑貨類、鉢など
・苗類


*その他*
<デザインブース スウェッジアンドケイ>ナコリ!アンティーク内
・デザインやプランに関する事など

<製作工房>愛知県半田市
・ガーデンフェンスや棚などオリジナルアイテムの製造など

2013/7/23

I様の外構+お庭(愛知県武豊町)  外構〜ガーデニング

今回のお宅は、お隣武豊町の新しい住宅街の中。

明るくて静かな印象の住宅街。

鳥の鳴き声と

どこかから聞こえる子供の声。

のどかでいい環境です

その割には大型スーパーも近くにあって

住みやすそうな所です。



さて

そんな閑静な住宅街にお住まいのI様からのご依頼は…

サイクルポート(自転車置場)

ウッドフェンス

ガーデニング


スウェジアンドケイが得意な工事です



現状としてはもうお住まいになって3年ほどとの事で

外構も新築時には既に完成していました。


ところが色々お悩みと言う事で





こちらがご依頼を元に下見にお邪魔した時の様子です。

とにかく木がたくさんあります。。
敷地に対してちょっと多い気もしますが要はデザインなのかもしれません。
クリックすると元のサイズで表示します

西洋ツゲ(ボックスウッド)の生垣の上にさらにプリペットの生垣。。
こちらもやり方次第かと…。
クリックすると元のサイズで表示します

この様に自転車を置くスペースにお困りでした。
クリックすると元のサイズで表示します

そして一番悩ませたのがこちら。
メインツリーのカツラの木ですが…
枯れかけてる… メインなのに
クリックすると元のサイズで表示します






と言う訳で、ご要望としてはワサワサしすぎて虫が住みつかない事や

すっきりシンプルなデザインで

お家に合うような、

と言う事でした。


普段ワサワサガーデンを目指して施工させてもらってるので

いつもとの違いに少し悩みましたが、そこはご期待に応えなければなりません

精一杯何とかしたいと思います




とは言う物の悩みに悩んで

お時間も頂き

出来上がったご提案用の資料。。

一部ですが、こちらです。
クリックすると元のサイズで表示します

生垣をある程度残しながらウッドフェンスでお庭を囲み、

サイクルポートは得意のアルミ+ウッドの加工で、

新たに自転車用の出入り口を設けると言う内容。

ガーデニング自体はウッドフェンスの内側にも施します。



I様にも喜んでいただき、多少修正はさせてもらいましたが

大筋でOK


いよいよフェンスから着工です






材料が入りました
クリックすると元のサイズで表示します

大工さんが一つ一つ確認し選びながら施工です。

例えば節が目立ちそうなものは裏側へとか、
当たり前の事ですがそう言う事からまじめにコツコツやるのが
とても大切ですよね

そしてあっという間に枠組み完成して
クリックすると元のサイズで表示します

縦板も張れました
クリックすると元のサイズで表示します


スロープも完成してます
クリックすると元のサイズで表示します





次はサイクルポート。大工さんは一旦お休み。

別の職人さんが基礎の準備を。
上のシマトネリコ、屋根に掛かりそうだな〜
なんてちょっと心配しながら
クリックすると元のサイズで表示します

そしてボクはと言うとシマトネリコの事よりも
このメインのカツラの事が気になって
ず〜〜〜〜っと悩んでいました。
クリックすると元のサイズで表示します



サイクルポートの本体が完成する頃には、
クリックすると元のサイズで表示します

お気づきですか
バッサリ切り落としました

取り敢えずボクとしてはすっきりしました



その後、大工さんによるサイクルポートのおめかしと

ペンキ屋さんによる塗装工事を経て

第一期工事の外構関係が完了しました
皆さんお疲れ様です
I様も喜んでくれましたよ


すっきり可愛くなりました
クリックすると元のサイズで表示します

新しい自転車用出入り口。
クリックすると元のサイズで表示します

メインのウッドフェンス。
クリックすると元のサイズで表示します

当店自慢のウッド加工のサイクルポート
クリックすると元のサイズで表示します

こっちがフェンスの裏側、メインのお庭になる部分です。
クリックすると元のサイズで表示します

リビングからの眺め。
クリックすると元のサイズで表示します

カシの木の木陰が気持ちいい、一番奥のスペース。
クリックすると元のサイズで表示します






ベース工事はばっちり

それではいよいよ仕上げガーデニングです




早速ご紹介します

旦那様のご要望もあり可愛くなり過ぎない事を前提に、、、
外観の全景です
大きな木もかなり透かしましたので涼しげですね
クリックすると元のサイズで表示します

随分印象が変わりました。
クリックすると元のサイズで表示します 

なんだかワクワクして吸い込まれそうです
※無断で立ち入らないでくださいねクリックすると元のサイズで表示します

お家がとても引き立ちました。
クリックすると元のサイズで表示します

門壁の足元の花壇にオリーブを鉢から降ろしました。
クリックすると元のサイズで表示します

雑貨も奥様がお持ちだった物を使って。
クリックすると元のサイズで表示します

それでは特別に(笑)中をご案内しますよ
ナンバーのプレートと、
クリックすると元のサイズで表示します

welcomeのプレートの間を入ります
クリックすると元のサイズで表示します

入って正面。すぐに気になる寄せ植え発見
オリーブの植わっていたお持ちの鉢を使って。
動きを出すために鉢を倒して使用しました。
クリックすると元のサイズで表示します

細長いお庭はこんな感じに。
こちらは奥様のご要望通り、可愛く
クリックすると元のサイズで表示します

カツラの足元をロックガーデンに
主張し過ぎないよう、今回の車輪は小さ目サイズを選択。
クリックすると元のサイズで表示します

少しずつ奥へ行きますね
洋瓦とミルク缶で洋風ジャンクな雰囲気に。
クリックすると元のサイズで表示します

枝を使ったハンギング。
この枝…気づきました
そう、以前に切り落としたメインツリーのカツラの枝、と言うか幹ですね
それを防腐処理とコーティングした物を使用。
折角この家に嫁いできた木ですから、少しでも戻せればと思い考えました
クリックすると元のサイズで表示します

ぶら下げたのは、ご存じ、みんな大好きジャンクアローの小物達。
クリックすると元のサイズで表示します

ちょうどこの辺りがリビングから見える景色となりますので
1本、大き目のオリーブをお持ちしました
クリックすると元のサイズで表示します

奥の部分。ジャンクアローの木のフェンス雑貨を。
クリックすると元のサイズで表示します

突き当りに定番の脚立。
今回は外観をすっきりさせるため余計な物を見せないつもりだったので
いつもより小ぶりな脚立で。
ウッドフェンスからほとんど頭が出ません。
クリックすると元のサイズで表示します

今回の脚立の相棒はバードケージにしました
クリックすると元のサイズで表示します


最後にもう一度外ですが、駐車場のスリット部分をアンティークレンガと化粧砂利で。
少しワイヤープランツを入れました。
クリックすると元のサイズで表示します

クロス部分とか、アンティークな雰囲気でかっこいいです
クリックすると元のサイズで表示します

すっきりしましたね
クリックすると元のサイズで表示します






以上となります。





いかがでしたか?
いろんなアイデアと知恵を絞る事が
外構、ガーデニングでは不可欠ですね♪
スウェッジアンドケイは雑貨店。
外構の専門業ではないし造園屋さんでもない。
あくまでも「くらし」がメインです。
お洒落で可愛いお家のための
外構であり、お庭であり。。。
そこに住む人が心豊かに過ごしていけることが大前提!
今回のI様のお宅にも可愛い小さなお嬢さんがいらっしゃいます。
親子で、ご家族で、ゆっくり楽しめるそんなお庭だったり
お父さんが早く帰ってきたくなるような(笑)そんな外観。
それって凄く大事だと思うんです。
それがスウェッジアンドケイのご提案する工事なのです。
皆様もぜひ一度考えてみてくださいね♪

最後までありがとうございました!





    

I様、今回はありがとうございました。
私どもとしては満足いく工事となりましたがいかがですか?

これからお庭とお付き合いいただくためのサポートも
力強くさせてもらうつもりです。

お困りの事やご不明な点などございましたら
遠慮なくお申し付けくださいね!!


それでは今後ともよろしくお願い申し上げます!!!


クリックすると元のサイズで表示します



*ガーデニングに対する皆様からのお問合わせをお待ちしております*
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ